おすすめの安いヘアオイルが知りたい!安い商品でも大丈夫?

安いヘアオイルが欲しい…おすすめを教えて!

髪の毛をツヤツヤに潤わせるために、ヘアオイルが効果的だと言われています。

付けるだけであこがれのウルツヤ髪になるのであれば、ぜひとも試してみたいと誰もが考えるのではないでしょうか。

でも、気になってくるのがお値段です。

いくら効果的であっても、お財布に負担がかかるような高額商品はなかなか手が出せませんよね。

できるだけ、安くて効果的なヘアオイルを使いたいはずです。

今回は髪の毛をウルツヤにできて価格も安い、おすすめのヘアオイルをご紹介します!

ヘアオイルについておさらい!

髪に良いと言われても、まだヘアオイルを使ったことがない人にとってはピンとこないかもしれません。

ですから、まずはヘアオイルとはどんなものかについてご説明しましょう。

ヘアオイルとは、髪の毛を保湿することをメインの目的に作られたヘアケア用品です。

他にも、髪の毛にツヤを与えたり、ダメージを補修するような効果も期待できます。

オイルと言っても、料理に使うようなサラダ油やごま油などとは違います。

食用油とは使われている油の種類や、含まれている添加物などが異なっているのです。

ヘアオイルに使われているのは、髪に良い成分に特化した油だとお考えください。

おすすめの安いヘアオイルを紹介!

ヘアオイルについて理解したところで、当サイトおすすめの安いヘアオイルをご紹介しましょう。

それぞれの商品ごとに、使われている油や、髪に与えてくれる効果が異なります。

使い勝手も変わってきますから、ひとつひとつチェックして、自分に良さそうな商品はどれかを比較していってくださいね。

大島椿

メーカー希望小売価格
40ml:1,100円(税別)
60ml:1,500円(税別)
120ml(通販専売品):2,300円(税別)

大島椿は、カメリア椿の種子から採った天然の椿油100%のマルチオイルです。

ヘアオイルとしてだけではなく、この1本でヘアケアにも、フェイスケアにも、ボディケアにも使用できます。

1927年の創業時から、90年以上の長きにわたって販売されている大ロングセラー商品なんですよ。

お母さんやお祖母さんも使っていたかもしれませんね。

長く愛用されていただけあって、商品も魅力的です。

髪と頭皮をしっとりうるおわせながら、サラサラしたテクスチャーでなじみも良いです。

人間の皮脂にも含まれているオレイン酸トリグリセリドを多く含んだオイルのため、頭皮に与える刺激も少なめです。

大島椿は薬局やドラッグストア、通販サイトでも販売されていますが、120mlの大瓶はインターネットでしか購入できません。

使い始めてから大島椿のファンになり、割安な大瓶ボトルが欲しいと思ったら、通販で購入するのも良いかもしれませんね。

購入サイト

ボタニスト ボタニカルヘアオイル モイスト

メーカー希望小売価格
80ml:1,836円(税込)

ボタニストのボタニカルヘアオイルモイストは、植物の生命力を凝縮したヘアオイルです。

ツバキ種子油ホホバ種子油など、種子やナッツ類から抽出されたオイル成分で、髪が本来が持っているツヤとうるおいを引き出してくれます。

また、オイルのバリアで髪表面に擬似キューティクルを生成するため、紫外線など日常のダメージから髪を守ってもくれます。

擬似キューティクルは熱を与えることで髪に吸着するため、ドライヤーの熱が髪にダメージを与えることなく、髪を守る手段になります。

ドライヤーの熱による髪のダメージに困っていた人でも、これを使えばむしろドライヤーが楽しみになりますね。

ボタニカルヘアオイルモイストはドラッグストアや通販サイト、公式サイトでも購入できます。

購入サイト

ナカノ グラマラスカールN オイルエッセンス ライト

メーカー希望小売価格
100ml:2,200円(税抜)

ナカノのグラマラスカールN オイルエッセンスライトは、美容院やヘアサロンでも販売されている商品です。

グラマラスカールシリーズのオイルエッセンスには、ライトとモイストの2種類があります。

こちらのライトは、髪が柔らかくてネコッ毛の人に好まれているサラサラタイプです。

太くてしっかりした髪質の方は、モイストも候補に入れてみると良いでしょう。

モイストもライトも、どちらもスタイリング用としてもナイトケア用としても使える商品です。

保湿力のあるダマスクバラ花油ザクロ花エキスセイヨウナシ枝エキスなどを組み合わせ、指どおりの良いサラサラの髪にしてくれます。

ヘアアイロン時の熱からもヒートアクティブPPTが髪をしっかり守り、アイロンのすべりを良くしながらダメージを軽減させます。

ナカノのグラマラスカールN オイルエッセンスライトは、基本的にはサロン専用品なので、ドラッグストアでは市販されていません。

アマゾンや楽天市場などの通販サイトでは、取り扱いしているショップもありますよ。

購入サイト

ルベル イオ エッセンス スリーク

メーカー希望小売価格
100ml:2,200円(税抜)

ルベル イオ エッセンス スリークも、上記と同じサロン専売品のアウトバストリートメントです。

多くのヘアサロンで用いられている商品ですので、通っているサロンで取り扱いがないかどうか、聞いてみるのも良いかもしれませんね。

イオ エッセンスシリーズは「スリーク」「モイスト」「フォルティ」「マザーエッセンス」の4種類があります。

このスリークは、髪のキシみが気になっている人や、乾燥ダメージで髪がうねってしまっている人におすすめのタイプです。

ツヤ密度成分のCMCカクテル、なめらか保湿成分のホホバエッセンス、紫外線ダメージ保護成分の
シアタ種子エッセンスが入っています。

スプレータイプなので、使いやすいのも特徴です。

おすすめの使い方は、タオルドライ後にスプレーして、それからドライヤーで乾かすやり方です。

ツヤ感を出したい人は、ドライヤーで髪を乾かしたあとにもう1プッシュすると、髪のツヤ感がアップします。

FERNANDA フレグランスヘアオイル(マリアリゲル)

メーカー希望小売価格
120ml:1,800円(税抜)

FERNANDA フレグランスヘアオイル(マリアリゲル)は、ドラッグストアや各通販サイトで購入が可能です。

公式オンラインショップや直営ショップもあり、入手先はいろいろ選べそうですね。

FERNANDAのフレグランスヘアオイルは、豊かな香りで美髪に導くアウトバストリートメントです。

マリアリゲルは、ジャスミンと洋梨を合わせた甘美で豊かな香りを基調にして、すずらんの上品な香りが柔らかく香ります。

リンゴとラズベリーの香りのピンクエウフォリアや、木蓮を基調としたリリークラウンもありますので、好みの香りを選んでくださいね。

どのフレグランスを選んでも、髪に与える効能は同じです。

10種類の天然油に加え、UVカット成分や髪の補修成分、トリートメント成分も配合されていますので、1本で多くの効果が期待できます。

洗い流さないトリートメントなので、ルベル イオ エッセンス スリークと同様に、シャンプー後に使うのがおすすめの使用方法です。

ゆず油 無添加ヘアオイル

メーカー希望小売価格
60ml:1,000円(税抜)

ゆず油 無添加ヘアオイルは、ヘアケアと基礎化粧品のメーカーであるウテナの製品です。

ドラッグストアや各通販サイトで購入することができます。

ゆず油 無添加ヘアオイルに入っている油は、商品名からも推察されるとおり「ゆず」です。

100%国産ゆず種子油だけを使用して作られた無添加オイルなので、余計な成分により髪を傷める心配がありません。

また、上記でご紹介した大島椿オイルと同様に、これ1本でこの1本でヘアケア・フェイスケア・ボディケアを兼ねられるのも利点です。

価格が安いだけでなく、汎用性にも優れているのですから、コスト面では秀逸ですね。

利用シーンがいろいろと選べるのも利点です。スタイリング用としても、アウトバストリートメントとしても使用できます。

また、週に一度のスペシャルケアとしてウテナがおすすめしているのは、ゆず油を使ったオイルパックと頭皮マッサージです。

公式サイトには「ゆず油マッサージメソッド」として、詳しいマッサージ方法が載っていますので、そちらもチェックしてみてくださいね。

いち髪 純・和草油

メーカー希望小売価格
40ml:691円(税込)

いち髪 純・和草油は、シャンプーなどのトータルケアシリーズである「いち髪」のシリーズ品です。

6種類の和草油を使って、パサつきがちな毛先や浮き毛をストンとまとめてくれます。

サラサラしたテクスチャーなので、付けてもベタつかないのが特徴です。

山桜が満開に咲いたような上品で華やかな香りを好む人も多く、ヘアコロン代わりに愛用している人もいらっしゃいます。

配合されている和草油は、アンズ核油、コメヌカ油、コメ胚芽油、ツバキ種子油、クルミ種子油、ゴマ油の6つ。

先ほどヘアオイルのご説明した際には「料理に使うようなごま油とは違います」と言いました。

この商品ににゴマ油が入っていることで、びっくりした人もいるかもしれませんね。

しかし、いち髪 純・和草油に使われているゴマ油は、通常の料理用ごま油とは違った形で抽出されていますので安心してくださいね。

エルセーヴ エクストラオーディナリーオイル エクラアンペリアル

メーカー希望小売価格
30ml:900円(税抜)
100ml:1,900円(税抜)

ロレアルパリのエルセーヴ エクストラオーディナリーオイル エクラアンペリアルも、ドラッグストアや各通販サイトで購入できます。

この商品に使われている油は、南フランスのグラース地方で生産されたバラから抽出されたフレンチローズオイルです。

グラース地方は香水の都として名高いので、その場所で咲いたバラと聞くと、想像しただけで香りがただよってきそうですね。

香りだけではなく、フレンチローズオイルは髪をしっとりうるおわせて、艶めくなめらかな髪にしてくれます。

まるでシルクに触れているようなしっとりサラサラの指どおりがクセになり、リピート購入を決めているユーザーの声もよく聞かれます。

ドラッグストアや通販サイトで気軽に購入できるのも、リピート購入しやすい理由のひとつですね。

ファンタジスト リペアインテンシブセラム ストレート

メーカー希望小売価格
125ml:1,800円(税抜)

コーセーのジュレームシリーズには、コンセントレートオイルという商品も販売されています。

それに対してファンタジスト リペアインテンシブセラムストレートは、ヘアオイルの位置付けにはなりづらいかもしれません。

「セラム=美容液」とされていますので、ヘアオイルを選ぼうと思ったら、まずは商品名に「オイル」と付いている商品を選びますよね。

しかし、ファンタジスト リペアインテンシブセラムストレートにも、ミネラルオイル成分とコーティングオイル成分が配合されています。

同シリーズのヘアオイルとも使用方法や利用シーンは変わりがないので、あえてセラムの方を取り上げさせて頂きました。

この商品は一般的なヘアオイルよりも、髪をストレートにすることに特化して作られています。

パサつきよりも、どちらかと言えば髪のうねりの方が気になっている人は、通常の商品よりもストレートに特化したこの商品が適切でしょう。

ドラッグストアや、各通販サイトで購入できます。

モンシャルーテ アルガニーナ オーガニックヘアオイル

メーカー希望小売価格
50ml:800円(税抜)
130ml:1,300円(税抜)

モンシャルーテ アルガニーナ オーガニックヘアオイルは、百貨店やバラエティショップ、各通販サイトで購入できます。

一部のドラッグストアでも、取り扱いがあるようです。

使われている油は、モロッコにしか生息していないアルガンツリーの実から抽出された、アルガンオイルです。

アルガンツリーの実にはビタミンEリノール酸リノレン酸の含有が多く、頭皮をイキイキとされる効果にあふれています。

なじみの良い仕上がりになっているので、付けても髪がベタつかずに、サラリとした指の感触が楽しめます。

また、モンシャルーテ アルガニーナのシリーズは、とにかく香りが良いのが特徴。

甘酸っぱいハニーローズの香りで、付けるたびに心が弾みそうです。

女性を、髪だけでなく内面からも輝かせるために作られています。

フランス語のmon(私)とcharmant(愛らしい)、beaute(美しい)を合わせた「モンシャルーテ」とのブランド名にふさわしいですね。

そもそも安いヘアオイルでも大丈夫なの?

ここまでご紹介してきたのは、全て価格の安い商品でした。

しかし、あまりに「安い」を連呼してしまうと、ちょっと不安な気持ちも出てきます。

安いヘアオイルでは、効果もあまり出ないのでは?

もっと高いヘアオイルなら、もっと大きな効果が期待できるんじゃないか?

大丈夫です。前提として今回ご紹介した商品は、全てきちんとおすすめできる商品ばかりです。

それに安いヘアオイルであっても、ちゃんと使えば、十分に効果が発揮できるのです。

以下からは、ヘアオイルのおすすめの使い方と注意点について解説していきましょう。

安いヘアオイルを活かすおすすめの使い方

安いヘアオイルでもきちんと効果が発揮できるように、ヘアオイルのおすすめの使用方法をご紹介します。

髪のウルツヤ効果と、ダメージから髪を守る効果の、それぞれの使い方を確認してくださいね。

ドライヤー前につけて熱から守る

まず、最初のおすすめの使い方は、ダメージを軽減するための方法です。

ドライヤーやヘアアイロンを使う前に、ヘアオイルを少量手に取り、髪になじませてからドライやセットを行ないましょう。

油のバリアで毛髪を包みこみ、熱ダメージを軽減することができます。

ドライヤーは熱風で髪を乾かしますので、どうしても髪に負担がかかってしまいます。

髪をストレートにしたり巻いたりするヘアアイロンも、熱の力によって毛髪の向きを変えるため、ドライヤーと同じく負担がかかります。

ダメージを受ける前に、キューティクルを油のバリアで守ってあげましょう。

特に毛先は傷みやすいため、毛先を重点的に守るように付けてくださいね。

髪の毛に塗って保湿する

次は、毎日のスタイリングに役立つ使い方をご説明しましょう。

ヘアオイルを少々髪の毛になじませてから、スタイリングを始めてください。

ヘアオイルには保湿効果があるので、髪がしっとりと落ち着き、髪が扱いやすくなります。

髪の毛が乾燥してパサついたり、髪をまとめる際にうまくいかない時でも、スタイリングしやすくなりますね。

まとめ髪の浮き毛も落ち着いてくれるため、全体的にピシッとしたイメージに仕上げることができます。

髪が光り輝くウルツヤ髪になり、満足いく朝のスタイリングが可能になるでしょう。

安いヘアオイルを使う際の注意点

上記ではおすすめの使い方を説明したので、もうひとつ、安いヘアオイルを使うときの注意点についても説明しておきましょう。

高い安いに関わらず、ヘアオイルを付ける際には以下の注意事項を守る必要があります。

頭皮トラブルを招くような使い方をしないように気をつけましょう。

つけすぎない

ヘアオイルが髪に良い、さらに価格が安いなら、いくら使っても良いだろうとばかりに、多量にベタベタ塗り付けてはいけません。

過ぎたるは及ばざるがごとしです。付けすぎは、かえって髪に悪い影響を与えます。

ベタついた髪が、清潔ではない印象を与えてしまう可能性があります。

また、見た目の問題だけでなく、油を付けすぎてしまうと洗浄しきれずに毛穴に詰まってしまう恐れがあります。

そうすると、頭皮の炎症の原因になってしまうので、つけすぎには気をつけましょう。

毛先からつける

先ほど、ヘアオイルは毛先を重点的に付けましょうとお伝えしました。

これは、ドライヤー前だけの話ではありません。

髪の毛のダメージは根元部分よりも毛先部分が大きいため、毛先を重点的に付けることで、しっかりケアできます。

髪の根元まで付ける必要はないので、毛先にしっかり!を忘れないようにしてくださいね。

まとめ

今回は、ヘアオイルのおすすめの使い方や注意点、そしておすすめの安いヘアオイルについてご紹介しました。

たくさんの魅力的な、おすすめできる商品がありましたね。

お値段もいろいろ、使われている油もいろいろ、そして、髪に与えてくれる効果もいろいろです。

たとえ安い商品であっても、きちんと使えばしっかり効果を発揮してくれます。

安いヘアオイルで節約しつつ、あこがれのウルツヤ髪の毛を手に入れてしまいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です