髪の毛のパサつきに化粧水・乳液は使える?詳しく解説

髪の毛のパサつきに顔用の化粧水・乳液はどうなの?

化粧水といえば、顔を保湿して肌のコンディションを整えるために使われるものですね。

しかし、時として化粧水と肌との相性が合わずに余らせてしまうことも。

とはいえ、せっかく買った化粧水を捨ててしまうのはもったいないですよね。

実は、顔だけではなく髪の毛のパサつきにも化粧水や乳液が使えるという噂があるようです。

今回は髪の毛が傷む原因とともに、噂の真相について迫っていきます!

まずは髪の毛のパサつきの原因を解説!

まずは、髪の毛がパサつく原因からご説明します。

髪の毛のパサつきが起こるのは、簡単にいうとキューティクルのダメージや頭皮トラブルが原因です。

キューティクルとは髪の毛を覆ううろこ状の膜のことで、髪の毛を外的刺激から守る役割があります。

そして、頭皮は適度な潤いがあり、傷や雑菌の繁殖がない状態が正常です。

しかし、普段の生活の中でキューティクルがダメージを負ったり、頭皮環境が悪化したりすることがあります。

すると、髪の毛がパサついてしまうのです。

では、なぜ頭皮環境が悪化したりキューティクルがダメージを負ったりしてしまうのでしょうか。

その原因を詳しくご紹介していきましょう。

パーマやヘアカラーによるダメージ

髪がパサつく原因の1つ目が、パーマやヘアカラーによるダメージです。

パーマやヘアカラーには、専用の薬剤が用いられます。

この薬剤は主にアルカリ性で、弱酸性の髪の毛にとって刺激となる成分です。

アルカリ剤が用いられる理由は、キューティクルを開く役割をするため。

髪の毛に色を入れたりパーマのクセを付けたりするためには、髪内部に薬液を浸透させなければいけません。

そのためには、髪内部を守っているキューティクルを無理矢理開かなくてはならないのです。

通常であれば、うろこが何枚も重なってピッタリと髪内部を覆っているキューティクル。

しかし、無理に開かれたキューティクルはところどころ剥がれてしまい、きちんと閉じることができなくなります。

その結果、開いた部分から髪の水分が抜けてパサつきが起きてしまうのですね。

ストレスや加齢による女性ホルモンの低下

2つ目の原因は、ストレスや加齢による女性ホルモンの低下です。

女性ホルモンの一種であるエストロゲンには、髪の毛の成長を促す作用があります。

また、新陳代謝を促進しハリやコシのある髪の毛に導くためにも欠かせません。

そんなエストロゲンですが、女性だからといって常に多く分泌されているわけではありません。

エストロゲンの分泌量のピークは25~34歳ごろで、以降は徐々に減少していきます。

その結果、加齢とともに髪の質は低下しやすくなってしまうのです。

また、加齢以外にもエストロゲンの減少を引き起こすのがストレスです。

ストレスは、皮脂の過剰分泌による頭皮トラブルも引き起こしてしまいます。

抜け毛やパサつきが気になり始めたら、女性ホルモンの減少している可能性が高いでしょう。

不規則な生活習慣

髪の毛がパサつく原因の3つ目は、不規則な生活習慣です。

不規則な生活習慣にあたるのは、主に以下の行為です。

  • 栄養バランスの偏った食生活
  • 慢性的な運動不足
  • 睡眠時間の不足や質の低下

この3つの習慣は、健康的な髪の毛の成長を妨げ頭皮トラブルを引き起こす原因となります。

たとえば、脂質が多い食事は皮脂の分泌量を増やし、頭皮の毛穴が詰まりやすくする原因です。

運動不足は血行不良を招き、髪の毛まで血液と一緒に送られる栄養素の量が減少します。

そして、睡眠不足や睡眠の質の低下はホルモンバランスを崩す原因となるのです。

以上のように生活習慣の乱れは髪の毛がパサつく原因となるため、改善を心がけましょう。

【結論】髪の毛のパサつきに化粧水・乳液は効く?

以上が、髪の毛がパサつく原因として多いものです。

では、顔に使う化粧水や乳液は顔のパサつきに使えるのでしょうか?

結論を言うと、髪の毛のパサつきにもある程度の効果は期待できるでしょう。

もともと顔に使用するための化粧水や乳液ですから、刺激も強くありません。

余らせてしまったものを有効活用できるので、経済的にケアできそうですね。

とはいえ、当然ですが髪の毛へ使用することを前提として作られているわけではありません。

髪質に合わないと感じたら、すぐに使用を中止しましょう。

また、トリートメントのようなヘアケア用品に比べると効果が劣ることも否めません。

しかし、なぜ化粧水や乳液は髪の毛にも使うことができるのでしょうか?

続いては化粧水や乳液に使われている成分や、髪の毛に使える理由を解説していきます。

化粧水

まずは、化粧水の成分や効果を見てみましょう。

商品によっても異なりますが、化粧水には主に、肌の新陳代謝を促すための成分が配合されています。

有名な成分といえば、コラーゲンやビタミンC誘導体がありますね。

また、髪の毛の主成分でもあるアミノ酸を配合しているものもあります。

これらの成分には、パサついた髪の毛のダメージを補修する効果が期待できます。

とくに、キューティクルが傷んでしまった髪の毛に最適。

とはいえ、高い補修効果はないためキューティクルが開ききっている場合、パサつきを完全に改善するのは難しいでしょう。

あくまでダメージ補修のサポートとして使うことをおすすめします。

乳液

続いては、乳液についてです。

化粧水よりも粘性が強く、とろっとしたテクスチャのものが多い乳液。

こちらには、肌を乾燥から守るための保湿成分が配合されています。

髪の毛がパサつく原因のところでもお話ししたように、乾燥はダメージヘアのもとになります。

乳液の保湿効果により髪の毛を潤してあげると、パサつきの軽減効果が期待できますよ。

とはいえ、乳液も化粧水と同じく効果が著しいものではないのでご注意ください。

「顔用の化粧水や乳液を髪の毛に使いたいけれど、不安がある」という方は水で薄めて使うのもおすすめ。

ただし、髪の毛を濡らして放置するとキューティクルが開いたままになってしまうので、しっかり乾かしましょう。

髪の毛の化粧水・乳液を紹介!

せっかくヘアケアするなら、もっとパサつきを軽減してくれるものがいい!

そんな方には、髪の毛用に開発されている化粧水や乳液がおすすめです。

髪の毛用の化粧水や乳液はいくつか発売されていますが、とくにおすすめなのが以下の2つ。

  • 髪の天然化粧水 MS×3
  • エヌドット N. スタイリングセラム

前者が化粧水、後者が乳液です。

では、それぞれの配合成分や効果、価格について詳しくご紹介していきますね。

髪の天然化粧水 MS×3(化粧水)

まずは髪専用のおすすめ化粧水、髪の天然化粧水 MS×3(エムエスバイスリー)です。

こちらの商品には、以下の成分が配合されています。

太古珊瑚浸透水(海水)、天然鉱石、出雲湯村温泉水(温泉水) 、アルニカ、オドリコソウ、オランダカラシ、ゴボウ、セイヨウアカマツ、セイヨウキズタ、ニンニク、ローズマリー、ローマカミツレ

配合成分の多くを占める水へこだわり、髪の毛を補修する9つの植物由来成分を配合したMS×3。

自然派由来の成分を使っているため、髪への刺激も少なく、頭皮や髪の毛へ潤いを与えてくれるでしょう。

持ち運びが便利な150mlサイズかつスプレー式なので、外出先でもサッとつけられるのが魅力ですね。

さらっとした使い心地で朝晩問わず、好きなタイミングで使用することができますよ。

MS×3は髪の毛だけでなく、顔や体など全身に使用することも可能です。

希望小売価格は150ml3,000円ですが、Amazonなら2,399円(税込)で販売しています。

さらに詰め替え用1000mlも、Amazonで7,799円(税込)で購入することができますよ。

エヌドット N. スタイリングセラム (乳液)

続いては髪の毛用の乳液、エヌドット N. スタイリングセラム をご紹介します。

スタイリングセラムに配合されているケア成分は、以下のとおりです。

シアバター、ユズセラミド、モリンガエキス、ベビーピーチエキス、アロエ液、タチジャコウソウ花、セイヨウノコギリソウエキス、セージ葉エキス、カニナバラ果実エキス、ラベンダー花エキス、ローズマリー葉エキス

表に記載しているのはすべて植物由来成分で、パサついた髪をしっとりと潤す効果が期待できますよ。

乳液と聞くとベタッとしたイメージがあるかもしれませんが、重すぎないテクスチャーでしっとりなめらかな質感。

スタイリングにも使え、ナチュラルで柔らかいヘアスタイルに整えることができますよ。

通販では40gのミニボトルで1,200円前後、94gの通常ボトルで2,000円前後で販売されています。

【番外編】化粧水・乳液以外のヘアケア用品も紹介!

髪の毛用の化粧水や乳液は、普段のヘアケアに+αとして使うのがおすすめです。

しかし、それだけではケア効果がもの足りないこともあるかもしれません。

そこでおすすめしたいのが、化粧水や乳液と併用可能なヘアケア用品の活用です。

とくに普段から取り入れられる、シャンプー・コンディショナー・トリートメント。

これら3種類について、おすすめの商品をそれぞれ1つずつご紹介したいと思います。

チャップアップシャンプー

まずは、おすすめシャンプーのチャップアップシャンプーからご紹介しましょう。

チャップアップシャンプーは、アミノ酸系洗浄成分を採用しています。

アミノ酸といえば、化粧水の項目で髪の毛の主成分であるとお話ししましたね。

そんなアミノ酸が洗浄成分として使われているのが、チャップアップシャンプーなのです。

アミノ酸系洗浄成分のメリットは、低刺激性であることです。

髪の毛や頭皮へのダメージが少なく、髪の傷みによるパサつきにお悩みの方に適しています。

公式サイトでは単体4,180円(税込)だけでなく、定期便3,280円(税込)の購入も受け付けています。

定期便で購入した場合には初回限定で返金保証もついているので、肌との相性が不安な方は定期便がおすすめですよ。

公式サイトはこちら→

マイナチュレコンディショナー

続いておすすめするのは、マイナチュレコンディショナーです。

マイナチュレコンディショナーは、頭皮に優しいノンシリコン処方。

髪の毛の主成分と同じアミノ酸を配合しており、髪のダメージ補修効果が期待できます。

さらに、頭皮の保湿や炎症を抑える植物由来成分も配合。

頭皮を乾燥から守ることにより、皮脂の過剰分泌やかゆみ・フケを抑える効果が期待できます。

爽やかな天然シトラスハーブの香りで、リフレッシュにも最適ですね。

マイナチュレコンディショナーは単体購入で3,360円(税別)、定期購入で2,884円(税別)です。

マイナチュレシャンプーとのセット販売6,720円(税別)もしているので、ライン使いしたい方にもおすすめですよ。

公式サイトはこちら→

ミルボン ディーセス エルジューダ エマルジョン

3つ目にご紹介するのは、ミルボンのディーセス エルジューダ エマルジョンです。

エルジューダ エマルジョンには、ケラチンタンパク質のCMADKという成分が配合されています。

実は、髪もCMADKと同じケラチン(アミノ酸)を主成分として構成されています。

髪の毛がパサついてしまうのは、ケラチンの不足が原因であることも少なくありません。

CMADKが配合されたエルジューダ エマルジョンを使えばケラチンを補えるので、健康な髪へ導いてくれるでしょう。

また、CMADKだけでなく、バオバブの木から抽出されたバオバブエキスには保湿作用があります。

毛髪の補修と保湿効果が期待できるエルジューダ エマルジョンは、ドラッグストアや雑貨店で購入が可能ですよ。

通販であれば2,600円前後で販売されているので、気になる方はAmazonや楽天市場などを確認してみましょう。

まとめ

今回は、顔用の化粧水や乳液を使ったヘアケアについてご紹介しました。

髪の毛にパサつきがあると、それだけで周囲に与える印象も大きく変わってしまうもの。

また、パサつきを放っておいてはどんどん髪のダメージも悪化してしまいかねません。

顔用の化粧水や乳液には、そんなパサつく髪の毛を改善する効果がある程度期待できるのです。

ただし、髪専用のものと比べると効果が落ちるため、しっかりとケアしたいのであれば専用のものを使ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です