育毛剤は手作りできるって本当?作り方を徹底解説

育毛剤を手作りできるって本当なの?

育毛剤をインターネットで検索すると、さまざまな種類がヒットします。

「たくさんありすぎて、どれが自分に合うのかわからない。」

「意外と値段が高くて、なかなか手が出せない。」

そう思われた方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、手作りの育毛剤です。

育毛剤が自分で作れるなんて、ちょっと驚きですよね。

今回は、手作り育毛剤のメリットと作り方についてご紹介します。

育毛剤を手作りするメリットって?

まずは、育毛剤を手作りすると得られるメリットを知っておきましょう。

メリットとして挙げられるのが、以下の3つです。

  • ①低コストで使用できる
  • ②自分に合った成分を選べる
  • ③簡単に作ることができる

上記のように、手作り育毛剤は手軽に作ることができます。

市販品は高いと感じる方や、肌に合わない経験をされた方におすすめです。

作り方も意外と簡単ですので、のちほどご紹介する方法を参考に作ってみてくださいね。

では、作り方の前にメリットについてもう少し詳しく解説します。

低コストで使用できる

高価なものが多い育毛剤。

手作りでコストを抑えられるのは、懐事情が厳しい方にも嬉しいポイントです。

薄毛予防をするためには、継続的なケアが必要です。

生活習慣の改善やストレスの軽減、そして育毛剤も例外ではありません。

継続的に育毛剤を使えば、本来の効果を発揮することができます。

当然、低コストであればあるほど、継続しやすくなりますよね。

市販の育毛剤は高すぎて手が出ない、と躊躇されている方は手作り育毛剤がおすすめです。

自分の頭皮状態にあった成分を使用できる

次にメリットとして挙げられるのが、好みの成分を配合できる点です。

市販品の中には、一部の成分が肌に合わず使用できないことがあります。

せっかく効果が期待できそうなのに、特定の成分が入っていて使えないのは悔しいですよね。

しかし、手作り育毛剤であればそんなことはありません。

自分の肌に合っていて、薄毛の原因を抑えてくれる成分を選ぶことができます。

成分と効果については、のちほどご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

簡単に作ることができる

手作り育毛剤をつくるうえで不安になるのが、作り方ではないでしょうか?

「聞きなれない成分を購入し、薬品のように0.1g単位で厳密に量る必要があるのでは?」

このようなイメージをお持ちの方もいるでしょう。

しかし、そう構える必要はありません

量を計測するときは、キッチン用の一般的なはかりで大丈夫です。

手作り育毛剤に使う材料の中には、スーパーで買えるものも!

気楽に作ることができるので、ぜひ試してみてくださいね。

手作りの育毛剤は安全に効果が出るものなの?

さて、育毛剤を手作りするうえで気になるのが、安全性についてです。

市販のものをみると、第3者の機関などに委託して、安全性を確認しています。

しかし、手作りの場合にはそうはいきません。

そのため、安全な成分で作ることが大切です。

今回ご紹介する手作り育毛剤は、無添加かつ安全な成分を用いています。

そのため、添加物などで肌が荒れてしまう方でも安心して使用することができますよ。

実際に、手作り育毛剤を使っている方も以下のような体験談を投稿しています。

私(女性)も頭皮の悩みがあり 脂性・フケ・抜け毛など何年も悩んでいましたが、最近 「オルビス」のクリーニングシャンプーを使ってから毛穴の詰まりが無くなったせいか余分な脂も出なくなり髪がサラサラしています。 
フケは角質がはがれたせいか、最初大きいのが出ましたが落ち着くとそれもなくなり良好です。 
それと平行して手づくりのアロエエキスを寝る前に付けると2ヶ月ほどで、髪質・ボリュームが違ってきます。勿論頭皮をマッサージしますので柔らかくなります。 
(以下略)

出典 : OKWAVE

シャンプーによる頭皮環境改善と同時に、手作り育毛剤を使用していたとのこと。

マッサージをして頭皮を柔らかくすることも、育毛剤の成分を浸透させやすくするために大切です。

髪質の悪さやボリュームダウンに悩む方にとって、気になる体験談ですね。

手作り育毛剤の種類や作り方!

以上のメリットを踏まえ、作ってみようと思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここからは、実際の作り方についてご紹介します。

準備するもの、作り方、効能をそれぞれ解説していきます。

自分の薄毛症状に合うものがあるか、作るためにはどれくらい時間を使うのか。

これらの点を事前にしっかりとチェックしてみましょう!

1.みかん

手作り育毛剤、最初にご紹介するのが「みかん」です。

みかんの育毛剤を作るために必要な材料は、以下のとおりです。

  • ①みかんの皮・・・50g
  • ②ホワイトリカー・・・150ml
  • 調理器具:ザル、ピーラー、密閉容器

みかんといえば、冬が旬の柑橘系の果物ですね。

とはいえ、いまは1年中スーパーで購入することができ、手軽に入手できます。

余った実はそのまま食べても良いですが、ジャムやゼリーにしても美味しいですよ。

ホワイトリカーはお酒か製菓コーナーに置いてあることが多いので、探してみてくださいね。

作り方

では、作り方の説明です。

まず、みかんを流水で洗い流しましょう。

汚れが残っていると育毛剤に不純物が入ってしまうので、しっかり洗ってくださいね。

洗い終わったら、ピーラーで皮を薄く剥きましょう。

濡れて剥きづらければ、一度キッチンペーパーなどで拭いておくと良いですよ。

薄く切った皮は、ザルや100均に売っている多目的ネットなどに入れて、陰干しします。

季節や湿度にもよりますが、だいたい2~3日ぐらいで、皮の水分が抜けてカラカラに乾きます。

続いて、密閉容器を煮沸消毒し、そこに皮とホワイトリカーを入れましょう。

容器を密閉した状態で、冷蔵庫で1週間ねかせておきます。

そして最後に、みかんの皮を取り除いた状態で冷蔵庫に2週間入れておけば完成です。

完成後はスプレー式のボトルに詰替えて、冷蔵庫に保管しておきましょう。

効能

洗って切るだけで、あとは置いておけば完成するみかんの手作り育毛剤。

では、育毛剤としての効果はどのようなものが期待できるのでしょうか?

みかんに含まれる成分の中で、育毛に関係があるのが「d-リモネン」です。

d-リモネンは、AGAの原因となる酵素(5αリダクターゼ)の働きを抑える効果があるといわれています。

生え際や頭頂部が薄くなっていくAGAの症状を予防したい方に、おすすめの手作り育毛剤です。

2.アロエ

続いて、アロエを使った育毛剤の作り方についてです。

アロエを使った育毛剤にはアルコール入りと、アルコールなしの2種類があります。

それぞれ準備するものは以下のとおりです。

  • 【アルコール入り】
  • ①キダチアロエ・・・500g
  • ②焼酎・・・1.8ℓ
  • 調理器具:密閉容器
  • 【アルコールなし】
  • ①キダチアロエ・・・適量
  • 調理器具:密閉容器、ガーゼ

キダチアロエは、日本で販売されているアロエの中でポピュラーな種類です。

スーパー、もしくはホームセンターで販売されていますよ。

作り方

では、作り方をそれぞれご紹介します。

アルコール入り

①キダチアロエを皮のまま、流水でしっかり洗います。

②洗ったキダチアロエを、細かく刻みましょう。

③煮沸消毒した密閉容器に、刻んだアロエと焼酎を入れます。

④冬は冷暗所に、夏は冷蔵庫に1か月寝かせたら完成です。

アルコールなし

①フードプロセッサーでキダチアロエを砕きます。

②砕いたアロエは、鍋で30分煮込みます。

③煮込んだら、ガーゼでこします。

粘度があるため、ガーゼの目が細かすぎるとこしにくいかもしれません。

⑦粗熱をとったら、冷蔵庫で保管します。

以上、アルコール入りとアルコールなしの作り方でした。

肌が荒れやすい方は、アルコールをいれない方法で作ることをおすすめします。

効能

今回ご紹介したキダチアロエには、抗炎症・殺菌作用のある成分が配合されています。

この成分が頭皮の環境を清潔にし、抜け毛を防ぐ効果が期待できます。

さらに成分のひとつ、「ムコ多糖類」は火傷や日焼けなどの炎症を和らげる効果が。

夏の紫外線を浴び、赤くなった頭皮のケアにもおすすめです。

キダチアロエではなく、アロエベラでも育毛剤を作ることができます。

アロエベラには、キダチアロエにはない「サポニン」が含まれています。

サポニンは抗酸化作用があることから、頭皮の酸化を防ぐ効果が期待できますよ。

3.エビネ

最後にご紹介する手作り育毛剤が、エビネです。

みかんやアロエに比べると、聞きなれない方も多いかと思います。

エビネとはラン科に分類される、4月から5月に咲く花のことです。

そんなエビネで育毛剤を手作りするときには、以下の材料をそろえましょう。

  • ①エビネ・・・1株
  • ②消毒用アルコール・・・300cc
  • ③ヘアトニック・・・300cc
  • 調理器具:ミキサー、ガーゼ、密閉容器

エビネは根の部分も使うので、購入する場合は切花ではなく鉢にしましょう。

作り方

エビネを使った、手作り育毛剤の作り方です。

まずは、みかんやアロエと同様、きれいに洗いましょう。

洗ったら葉・茎・根を部位ごとに分けて、ハサミで切っていきます。

切る長さは、3cmを目安にしてください。

切ったエビネと、消毒用アルコールをミキサーに入れます。

30秒間ミキサーで混ぜたら、ガーゼでこして、煮沸消毒した密閉容器に移しましょう。

密閉容器にヘアトニックを入れて混ぜたら、完成です。

完成品は冷蔵庫で保存しておけば、3か月はもちますよ

効能

エビネには、血行を促進させるはたらきと、抗菌作用の効果があります。

育毛にとって、血行を促進させることはとても大切です。

頭皮の血行が滞ってしまうと、髪の毛に栄養が届きにくくなります。

すると、髪の毛のやせ細ってしまい、抜け毛が起きるのです。

頭皮のコリを感じたり、手足が冷えやすかったりする方にもおすすめ。

また、抗菌作用により頭皮のフケを抑える効果も期待できますよ。

手作り育毛剤の使い方

育毛剤が完成したら、使い方もしっかりチェックしましょう!

使い方を誤ってしまうと、効果が半減してしまう可能性があります。

育毛剤を使う上で、タイミングとつけ方がとても大切なポイントです。

以下に、正しい育毛剤の使い方をご紹介します。

この使い方は、手作りのものだけでなく、市販の育毛剤にもあてはまります。

育毛剤の効果をより高めるためにも、しっかりと読んでくださいね!

シャンプーの後に使用する

正しい使い方のポイント、1つ目はシャンプーのあとに使用することです。

シャンプーでしっかりと汚れを落としてから、使用するようにしましょう。

シャンプー前は、頭皮に汚れや皮脂、汗が付着しています。

頭皮に汚れ等が付着したままだと、手作り育毛剤の成分が浸透しづらくなります。

また、育毛剤の使用後もきれいな状態を保つと、成分の浸透時間が長くなります。

そのため、夜に日中の汚れをシャンプーで落として、手作り育毛剤を使うことがおすすめです。

髪をよく乾かす

正しい使い方のポイント、2つ目は髪を乾かしてから使うことです。

夜に髪の毛を洗ったら、タオルドライとドライヤーでしっかり乾かしましょう

頭皮に水分が残っていると、頭皮の汚れと同様で、育毛剤の成分が浸透しづらくなります。

また、育毛剤を使った後にドライヤーを使うと、成分が水分とともに蒸発してしまうことも。

以上の2点があるため、髪をしっかり乾かしてから手作り育毛剤を使いましょう。

適量を手に取り使用する

正しい使い方のポイント、3つ目は適量を使用することです。

育毛剤は、一度に大量につけると頭皮が荒れる原因になってしまいます。

今回ご紹介した手作り育毛剤は、みかん・アロエ・エビネの3種でした。

みかんとエビネはさらっとした液体タイプですので、スプレーで頭皮に塗布できます。

アロエはペースト状ですので、頭皮の状態を見ながらつけ過ぎないように気をつけましょう。

頭皮マッサージに使用する

育毛剤を使う上で最後のポイントは、頭皮マッサージに使用することです。

頭皮マッサージには、血行を促進させる効果があります。

育毛剤を付ける際、指の腹か頭皮ブラシを使って、頭皮全体をマッサージしましょう。

指を使う場合には、爪を立てないように注意してください。

爪で傷をつけてしまうと、頭皮の炎症や雑菌の繁殖を招く可能性があります。

育毛剤を手作りするときに気をつけるべきこと

手作りの育毛剤の作り方と、効果をご説明しました。

最後に、育毛剤を手作りするときに気をつけるポイントをご紹介します。

効果が期待できる育毛剤を手作りしても、注意しないと頭皮へ悪影響を与えてしまうこともあります。

健康な髪の毛を生やすためにも、気をつけるべきポイントを頭にしっかりと入れておきましょう。

難しいポイントは無いので、よく読んでおいてくださいね。

冷蔵庫で保管する

育毛剤を保管する際、保管場所に注意しましょう。

手作り育毛剤の保管は、冷蔵庫が基本です。

これは、市販品と違い防腐剤や保存料を含んでいないためです。

また、容器を煮沸消毒していても雑菌がはいってしまう可能性もあります。

その状態で常温に放置してしまうと、雑菌が繁殖してしまいます。

雑菌が繁殖した育毛剤を使用すると、頭皮の炎症や臭いの原因に。

保管には注意して、手作り育毛剤の色や匂いに異常を感じたら使用を中止しましょう。

短期間で使い切る

前述したように、手作り育毛剤には防腐剤や保存料がはいっていません。

そのため、市販品のように長期間の保存はできません。

作った後は、なるべく早めに使い切りましょう

保存期間の目安は、みかんが2週間、アロエが1か月、エビネが約3週間です。

また、これらはすべて冷蔵庫に入れておいた場合の保存期間です。

部屋に放置などしてしまった場合は、使用できる期間が短くなることもあるので注意しましょう。

パッチテストを行う

保存期間内であっても、肌に合わない場合があります。

肌に合わないことに気づかず使用してしまうと、頭皮が荒れる原因になります。

そういった事態を招かないよう、必ずパッチテストをおこないましょう。

パッチテストとは、腕に薬品などをつけて肌トラブルが起きないか確認する方法です。

手作り育毛剤が完成したら、500円サイズを目安に二の腕に塗ってみましょう。

もし炎症やかゆみなどが発症した場合は、使用を中止しましょう。

まとめ

今回は、手作り育毛剤についてご紹介しました。

市販の育毛剤に比べて、手作りにはメリットもあればデメリットもあります

効能も成分によって異なるので、自分に合ったものを選びましょう。

くれぐれも鮮度に気をつけて、肌トラブルが起きないように注意してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です