市販の育毛剤と発毛剤を11個紹介|どっちを使ったほうがいい?

市販で買える育毛剤と発毛剤を紹介!

育毛剤や発毛剤は、薄毛に悩む方にとっては強い味方のアイテム。

しかし、どれが効果的なのかわからずにお悩みの方も多いでしょう。

今回はそんな育毛ケアグッズの中でも、市販で買える商品をご紹介します!

通販に比べて、市販品はすぐに使用することができる「手軽さ」が大きな魅力ですよね。

また、通販とは違い実際の商品を手にとって確認できる点も、メリットと言えるでしょう。

実際に店頭で購入したい、という方はぜひご覧ください。

そもそも育毛剤・発毛剤とは?

市販で購入できる商品をご紹介する前に、まずは育毛剤・発毛剤の違いからご説明します。

育毛剤と発毛剤は、どちらも名前が似ていることから効果を混同してしまう方も少なくありません。

しかし、育毛剤と発毛剤の間にはさまざまな相違点があります。

この違いについて知っておかないと、商品選びを失敗してしまうことも…。

では、それぞれどのような特徴があるのか見ていきましょう。

育毛剤とは

まずは、育毛剤についてご説明します。

育毛剤は、医薬部外品に分類される商品です。

医薬部外品は医薬品と化粧品の中間程度に位置づけられ、徐々に効果を実感できるように作られています。

育毛剤には天然由来のものやアミノ酸など、副作用のリスクが少ない頭皮・育毛ケア成分が配合されています。

以上のポイントを踏まえ、育毛剤が適している人・適していない人を分けてみました。

適している人 適していない人
・薄毛症状が軽度
・ハリ・コシのある髪にしたい
・抜け毛・薄毛を予防したい
・薄毛が進行している
・髪の毛を増やしたい

育毛剤には劇的な改善効果があるわけではありませんが、薄毛の予防策として使うのに適しているでしょう。

発毛剤とは

続いて、発毛剤の特徴を見ていきましょう。

発毛剤は、医薬品に分類されています。

医薬品なので、病院で処方される薬と同じく、高い効果を期待することができます。

ただし、医薬品は医薬部外品に比べて副作用が起こりやすいというデメリットがあります。

使用方法を誤ったり、体質に合わなかったりすると、肌荒れなどの体調不良を引き起こす可能性があるでしょう。

そのため、発毛剤に適している人・いない人には以下のようにまとめられます。

適している人 適していない人
・薄毛が進行している
・髪の毛を増やしたい
・育毛剤では効果が無かった
・薄毛症状が軽度
・肌荒れしやすい・敏感肌
・副作用の危険性は減らしたい

どちらが合っているか、違いを理解した上で商品を選ぶことが大切ですよ。

市販で買える育毛剤【8選】

以上の違いを踏まえて、市販の育毛剤・発毛剤、それぞれのおすすめ商品をご紹介していきましょう。

まずは、市販の育毛剤を8つご紹介します。

  • サクセスバイタルチャージ
  • モウガ
  • 薬用アデノゲン
  • 薬用毛髪力ZZ
  • MARO薬用育毛 3Dエッセンス
  • モウガ漲
  • NFカロヤンガッシュ
  • ハツモール へアグロアー

どれも市販されている商品のため、一度は目にしたことがあるかもしれませんね。

ぜひそれぞれの育毛剤の特徴を比較しながら、検討してみてください。

本当に効果のある育毛剤ランキング【どれくらいの期間使えば効くの?】

サクセスバイタルチャージ

1つ目にご紹介する市販の育毛剤は、「サクセスバイタルチャージ」です。

メーカー 花王株式会社
内容量 200ml
価格 オープン価格

こちらの商品には、以下の育毛有効成分が配合されています。

成分名 効果
t-フラバノン 毛乳頭細胞の活性化
ニコチン酸アミド、生薬センブリエキス 抜け毛予防、頭皮の血行促進
β-グリチルレチン酸 フケ・かゆみの抑制

有効成分のほか、保湿成分の作用で頭皮の乾燥による抜け毛を防ぐ効果が期待できますよ。

実際使用した方は、以下のように口コミしています。

(前略)

生えていないところからは生えてきませんが、髪のボリュームはたしかに増えています。抜け毛もすごく減りました。相性とは思いますが、私には合ったようです。

出典:Amazon

前述のとおり、育毛剤は髪の毛を生やす効果ではなく、髪のハリやコシを取り戻す効果が期待される医薬部外品です。

こちらの口コミの方のように、髪のボリュームや抜け毛の減少など、すでに生えている髪の毛を強くしたい方におすすめですよ。

公式サイトはこちら

モウガ

2つ目にご紹介する市販の商品は、「モウガ」です。

メーカー バスクリン株式会社
内容量 120ml
価格 オープン価格

こちらの有効成分は、以下のとおりです。

成分名 効果
ショウキョウチンキ 頭皮の血行促進、毛包祖細胞の増進、育毛促進
センブリエキス 頭皮の血行促進
ニンジンエキス 頭皮の血行促進、育毛促進

上記の有効成分の他に、頭皮の柔軟作用として保湿効果がある「牡丹エキス」が配合されています。

硬くなった頭皮を柔らかくすることにより、髪の毛が成長しやすい土台を作れるのです。

こちらも、使用者の口コミを見てみましょう。

5,6年前から? 定期的に購入をしています。
継続して使用することが大事な商品であると思っていますので、購入はいつものところでと決めています。
年齢的なものはある程度仕方がありませんが、自分ではいい感じで使えていると思っています。

出典:楽天市場

口コミにあるように、育毛剤は継続的な使用が必要です。

市販の場合でも通販の場合でも、最低でも3ヶ月以上は使用して経過を確認することがポイントです。

公式サイトはこちら

薬用アデノゲン

3つ目のおすすめ市販の商品は、「薬用アデノゲン」です。

メーカー 資生堂
内容量 50ml/150ml/300ml
価格 オープン価格

こちらには、以下の有効成分が含まれています。

成分名 効果
アデノシン 頭皮の血行促進、成長因子の活性化
パナックスジンセンエキス 頭皮の血行促進
β-グリチルレチン酸 抜け毛の予防
ソフォラ抽出エキス 毛乳頭細胞の活性化
L-メントール 頭皮の血行促進、抗菌作用
パントテニルエチルエーテル 抗炎症作用

薬用アデノゲンの特徴は、有効成分の1つ「アデノシン」による、成長因子の活性化です。

成長因子とは、髪の毛の成長を促すために必要な物質。

抜け毛や薄毛の進行が見られる方は、成長因子の生成が滞っている可能性があります。

アデノゲンは、成長因子の生成を促すという新しいアプローチ法を採用した商品として、話題を集めているんですよ。

(前略)

アデノはスッキリ爽やかな感じ。
効果があるかと言われたらまだ分かりませんが
塗布後ベタつかずふわっとするので増えた気になる。

出典:Amazon

使用感もベタつきなどもなく、スッキリとしていると評している口コミが多く見られました。

薬用毛髪力ZZ

おすすめの市販の商品、4つ目は「薬用毛髪力ZZ」です。

メーカー ライオン
内容量 50ml/150ml/300ml
価格 オープン価格

こちらには、以下の有効成分が配合されています。

成分名 効果
サイトプリン 育毛促進
ペンタデカン
育毛促進
ピロクトンオラミン 頭皮環境の改善
ビタミンE誘導体(酢酸トコフェロール) 頭皮の血行促進

薬用毛髪力ZZには、毛根細胞の働きを活性化させる「サイトプリン」と、そのエネルギー源となる「ペンタデカン」が配合されています。

これらの働きにより、髪の毛の成長を促す効果が期待できます。

夫が張り切って使っています。毛髪力シリーズは若い頃からのお気に入りみたいで、20年以上愛用しています。
ハゲが進まなかったのは、ここのおかげだ!そうですので、リピしていくのだろうと思います。
気分も大切ですね♪

出典:Amazon

こちらはご主人が使用しているという女性の口コミです。

20年以上使い続けているおかげか、薄毛の進行も見られないそうですね。

このように、薄毛の進行が始まる前に使用しておくと、効果的でしょう。

MARO薬用育毛 3Dエッセンス

5つ目の市販育毛剤は、「MARO薬用育毛 3Dエッセンス」です。

メーカー 株式会社ストーリア
内容量 150ml
価格 オープン価格

こちらの商品には、生薬由来の有効成分が配合されています。

成分名 効果
グリチルリチン酸ジカリウム 抗炎症作用・殺菌作用
ニンジンエキス 抗酸化作用・抗菌作用
センブリエキス 頭皮の血行促進

MARO薬用育毛 3Dエッセンスの特徴は、頭皮環境を正常に導く成分がメインとなっていることです。

薄毛は頭皮環境が悪いことに起因していることもあるため、正常にすることにより薄毛予防と育毛ケア効果が期待できるのです。

上記の有効成分の他に、テンチャエキスやアロエエキスによる保湿効果を得ることもできます。

薄毛になってきたので、期待して購入してみました。
ボリュームはないですが、少し髪の毛がフワッとした感じがします。
しばらく続けてみます。

出典:YAHOO!ショッピング

口コミの方は、ヘアスタイル全体のふんわり感を得られたそうです。

髪が立ち上がると、それだけボリューム感を出すことができますよ。

モウガ漲

続いて、6つ目にご紹介する市販育毛剤は「モウガ漲(みなぎ)」です。

メーカー バスクリン株式会社
内容量 120ml
価格 7,000円

こちらの育毛剤に配合されている有効成分は、以下の3種類です。

成分名 効果
ショウキョウチンキ 頭皮の血行促進、毛包祖細胞の増進、育毛促進
センブリエキス 頭皮の血行促進
ニンジンエキス 頭皮の血行促進、育毛促進

こちらの商品の特徴は、上記の有効成分の他に配合されている成分「ホコウエイ根エキス」の効果にあります。

ホコウエイ根エキスはモウコタンポポの根から採れる成分で、髪の土台である毛包を強化する効果があると言われています。

土台を強化し、ハリやコシのある力強い毛髪の成長を促す効果が期待できるでしょう。

かれこれ10年モウガを使ってる50代です。
父親が若くして禿げた(私が中学生のときに諦めてスキンヘッドになりました)ので、ちょっと薄くなってきたかなというタイミングで使いはじめまきた。
ほかに何もしてませんが、あまり進行していないので結構効いてるんだと思います。こういう育毛剤は個人差がありますので絶対オススメとはいえませんが、私にはバッチリですね。

(以下略)

出典:Amazon

モウガ漲は2009年に発売されて以来、愛用している方も多いようで、口コミの方も10年近く使い続けているそうです。

ロングセラー商品であれば、それだけ信頼度も高いと考えられますね。

NFカロヤンガッシュ

7つ目にご紹介する商品は、「NFカロヤンガッシュ」です。

メーカー 第一三共ヘルスケア
内容量 240ml
価格 7,200円

NFカロヤンガッシュは、厳密には育毛剤ではありません。

「発毛促進剤」に分類される製品で、イメージとしては「育毛剤」と「発毛剤」の中間くらいの位置づけ。

つまり、効果の高さは化粧品<育毛剤<発毛促進剤<発毛剤のようになります。

では、NFカロヤンガッシュに配合されている成分を見てみましょう。

成分名 効果
カルプロニウム塩化物水和物 頭皮の血行促進
カシュウチンキ 抜け毛の予防
チクセツニンジンチンキ 毛乳頭細胞の活性化
ヒノキチオール ふけ・かゆみの抑制
パントテニールエチルエーテル 抗炎症作用
L-メントール 爽快感

カルプロニウム塩化物水和物」は、育毛剤には配合できない成分です。

高い育毛促進効果が期待できることから、発毛促進剤に配合されていることも多い成分でもあります。

カロヤンでも発毛してるよ。
同僚に見せてら生えてるって。
自分が見てても生えてるし。

出典:5ちゃんねる

上記の口コミの方は、自他ともに認める発毛効果が得られたそうです。

人から見ても増えたと感じられるくらい効果が出るのであれば、ぜひ試してみたいですよね、

ハツモール へアグロアー

最後にご紹介する「ハツモール ヘアグロアー」も発毛促進剤に分類されます。

メーカー ハツモール
内容量 170ml/230ml
価格 3,800円/4,860円

こちらに配合されている有効成分は、以下をご覧ください。

成分名 効果
エストラジオール安息香酸エステル 抜け毛の予防、皮脂の過剰分泌を防ぐ
ジフェンヒドラミン塩酸塩 かゆみの抑制
ピリドキシン塩酸塩 皮脂の過剰分泌を防ぐ
トコフェロール酢酸エステル 頭皮の血行促進
パントテン酸カルシウム 栄養補給
サリチル酸 有効成分の浸透力アップ
ヒドロコルチゾン 抗炎症作用
レゾルシン 殺菌・抗菌作用
ヒノキチオール 殺菌・抗菌作用、細胞の活性化

このようにハツモール ヘアグロアーには、薄毛予防としてさまざまな効果が期待できることがわかりますね。

とくに市販の育毛剤には珍しく、浸透力や栄養補給にも着目して作られている点も魅力ですね。

育毛剤よりも効果が高い方が良いけれど、発毛剤よりも副作用のリスクが低い商品を選びたい。

そのような方は、発毛促進剤がおすすめですよ。

市販で買える発毛剤【3選】

以上、市販で購入できる育毛剤及び発毛促進剤を8つご紹介しました。

続いては、市販で購入できる発毛剤を3つご紹介します。

  • リアップシリーズ
  • メディカルミノキミノキ5
  • リグロEX5

日本で承認されている発毛剤は3つとそれほど多くなく、下2つは今年発売されたばかり。

では、それぞれの成分や効果はどうなのか、見てみましょう。

リアップシリーズ

1つ目は、「リアップシリーズ」のご紹介です。

市販の発毛剤と言えば、大正製薬のリアップシリーズを一番に思い浮かべる方も多いでしょう。

こちらのシリーズには、以下のようにラインナップが豊富なことが特徴。

商品名 内容量 価格
リアップ 120ml/60ml 9,500円/5,500円
リアップ プラス 60ml 5,239円
リアップ ジェット 100ml 3,800円
リアップ X5プラス 60ml 7,048円
リアップ リジェンヌ 60ml 5,239円

上記の全商品に、発毛作用があるミノキシジルが配合されています。

ミノキシジルは、血行を促進して発毛を促す効果があることから、薄毛治療にも使われている成分なんですよ。

ミノキシジルの配合量が一番多いのは「X5プラス」で5%。

配合量が多ければそれだけ高い発毛効果が期待できますが、一方で副作用のリスクも上がります。

内服薬に比べて副作用は起こりにくいものの、頭皮のかゆみや炎症などが起きる可能性もあるため、育毛剤の使用よりも注意が必要です。

「リジェンヌ」にもミノキシジルが1%含まれているので、女性も使用には注意してくださいね。

リアップリジェンヌの口コミは、以下のとおりです。

(前略)

また今年になって生理不順も始まって婦人科にも行きましたが、ホルモンの数値は正常だとこと。藁にもすがる思いで、リジェンヌを試してみたら、生え際がスカスカで肌色が透けていたところが、黒々として来て、あまり気にならないようになりました。これには、本当にうれしかったです。

(以下略)

出典:@cosme

こちらの方は、ホルモンバランスは問題ない状態での薄毛に効果があったそうです。

(前略)

はじめの半年で産毛のような短い毛が生え始め、薄毛が気にならなくなりました。その後しばらくやめていたら、半年ぐらい後にやはり薄くなってきたことに気づきました。

(以下略)

出典:@cosme

また、上記の口コミのように薄毛対策は継続をしないと、再発してしまいます。

リアップの使用を検討している方は、継続治療も踏まえて効果だけでなく費用面もしっかりと確認しておきましょう。

メディカルミノキミノキ5

市販の発毛剤2つ目は、「メディカルミノキ ミノキ5」です。

メーカー スカルプD
内容量 60ml
価格 7,800円

こちらも、リアップと同じくミノキシジル5%を配合しています。

もちろん、リアップと同様に発毛促進の効果が期待できるため、市販の商品で薄毛改善をしたい方におすすめです。

また、メディカルミノキの特徴は、公式サイトからも通販で購入できること。

セットで購入するとよりお得になるので、気になる方は公式サイトをご覧ください。

単体購入 7,800円
3本セット 21,060円(1本あたり7,020円)
4本セット 27,000円(1本あたり6,750円)

4本セットで購入してアンケートに回答した方は、薄毛治療の専門医による無料診断を受けることができます。

診断を受けることができるクリニックは、以下の4ヶ所。

  • メンズヘルスクリニック東京
  • AACクリニック名古屋
  • 脇坂クリニック大阪
  • 城西クリニック福岡

市販の発毛剤でケアするだけでなく、病院で診てもらいたいとお考えの方は、4本セットでのご購入をおすすめします。

こちらも口コミを見てみましょう。

(前略)
抜け毛に関して
は、若干増えたといえば、増えたかな?
いや、増えてないのかな?
という、レベル。
つまり、ミノタブのような内服薬のように、劇的な初期脱毛は見られない。
これは嬉しい…。
新たに4本セットを購入したので、あと4ヶ月、しっかり服用していきたい。
(以下略)
こちらの方は、ミノキシいる配合の内服薬(ミノタブ)を使用した経験があるそうですが、そちらよりもメディカルミノキの方が合っていたそうです。
アンファー様 今年は大変お世話になりありがとうございました。夫は少しずつですが良い方向に向かっているようで、これもアンファー様のスカルプDメディカルミノキ5のおかげです。来年もどうぞよろしくよろしくお願いします。
出典:twitter
こちらの口コミは、旦那さんがミノキ5を使用しており、改善が少しずつ見られているとのことです。
家族がいる場合には、使用前後の違いを見てもらうのも良いですね。

リグロEX5

最後にご紹介する市販の発毛剤は、「リグロEX5」です。

メーカー ロート製薬
内容量 60ml
価格 7,000円

こちらも前述の市販の発毛剤と同様、ミノキシジルを5%配合しています。

効能と効果を、ロート製薬では以下のように記載しています。

壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防。

出典:ロート製薬

壮年性脱毛症とは、40代以降に多くみられる男性の薄毛症状のこと

40代以降に多いとはいえ、もちろんそれより若い状態でも薄毛症状が起こる可能性はあります。

リグロEXは、20代以上の男性で1日2回、1回1mlの使用を最低4ヶ月以上は続けるように推奨しています。

この期間を設けている理由は、発毛効果が表れるまでには最低でも3ヶ月以上かかると言われているためです。

発毛実感までの期間には個人差があるため、多くの人が少しずつ効果を実感できる4ヶ月を1つの目安にしているようですね。

これは、リグロEXなどの発毛剤だけに限らず、育毛剤や発毛促進剤も同じなので、意識しておきましょう。

市販で買うなら育毛剤と発毛剤どっちがいいの?

以上、市販で購入可能な育毛剤と発毛剤をご紹介しました。

市販で購入できる育毛剤には、それぞれ配合成分や期待できる効果が違うことが分かりましたね。

一方で市販の発毛剤には、すべて医薬品のミノキシジルを配合していました。

では、これらを踏また上で、「育毛剤」と「発毛剤」どちらを選べばいいのでしょうか?

ある程度の髪の毛が生えていて、髪のボリュームアップを図りたいのであれば「育毛剤」。

すでに薄毛症状が進行していて、発毛を促したいのであれば「発毛剤」を選ぶと良いでしょう。

育毛剤にせよ、発毛剤にせよ、それぞれの商品の口コミなどもしっかり確認し、自分に合ったものを選ぶようにしてくださいね。

まとめ

今回は、市販の「育毛剤」と「発毛剤」をご紹介しました。

市販で購入できるものは、主に薬局やドラッグストアで販売されています。

第1類医薬品に分類される市販の商品は、薬剤師がいる場所でのみ取り扱いが可能となっています。

今回ご紹介した中で気になる商品があった方は、分類の確認と取扱店舗を事前に調べておくと便利ですよ。

使用感や値段など、続けられそうな商品かどうかもしっかりチェックしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です