抜け毛が多い時期はいつ?夏でも冬でもないって本当!?

抜け毛が多いのは時期が関係してる!?詳しく解説

抜け毛について悩んでいる人の中には、特定の時期だけ悩みが増えてくる人もいます。

よくよく思い返してみたら、特に抜け毛が多くなっている時期があるような気がしませんか?

「最近抜け毛が多いな…」と鏡の前でため息をついていたのは、もしかしたら同じ気候のときだったかもしれません。

実は、季節によって抜け毛の量が変動することもあるんです。

今回は髪の抜け毛と季節・時期の関係性について、詳しく解説していきます!

抜け毛が多い時期とは?

季節によって抜け毛が多くなるとしたら、その時期はいったい春夏秋冬のいつなのでしょうか?

それは、です。

個人差はあるものの、一般的には秋に一番抜け毛の量が多いと言われています。

犬や猫などの哺乳動物には、夏毛・冬毛の生え替わりが起こる換毛期がありますよね。

他の動物と違って人間には換毛期がないのに、どうして同じ時期に毛が抜けてしまうのでしょう?

その理由は、夏の紫外線やエアコンの乾燥によってダメージを受けた頭皮が疲れてしまうからなのです。

ちょうど夏の終わりと共に、ダメージの影響が目に見えるようになってくるんですね。

実際、秋に抜け毛が多い人がたくさんいるようです。

経験者の声を聞いてみましょう。

秋の抜け毛って多いんですね。

8月まではシャンプーのとき、頭を洗って手を見てみても、だいたい5~10本程度でしたが、涼しくなってきた9月中頃から10~20本くらい手についています。
何月
くらいまで続くもんなんでしょうか?

出典:Yahoo!知恵袋「秋の抜け毛って多いんですね」

上記の方は夏の時期に比べて、9月からは抜け毛の量がほぼ倍になっていますね。

手に残る量はほんの10本程度でも、これが頭部全体に及んでいるとしたら不安にもなりますよね。

とうとう本格的な秋の抜け毛シーズンに入ったみたいだ。
40時間ぶりの風呂だったか150本抜けた。
ここ3日合計250本ちょい。
9月は抜け毛ちょっと減って喜んでたんだけどね

出典:5ちゃんねる「秋の抜け毛は何本ですかpart12」

最近では9月に入っても厚い気候が続きますから、10月になってようやく秋の始まりを感じることも多いです。

抜け毛で秋の始まりを感じてしまうのは、あまり嬉しくはない話ですね。

秋も抜け毛が多いっていうよねw
もう部屋中毛だらけで嫌になる

出典:5ちゃんねる「女性の育毛・薄毛克服スレ17」

抜けた髪の毛が部屋中にちらばっていると、お掃除も面倒ですし、とてもユウウツな気分になりますよね。

このように秋に抜け毛が多くなったら、それを防止するためにはどうしたら良いでしょうか。

時期に関わらず抜け毛が多い時は対処することが大事!

いくら秋に抜け毛が多いからといっても、抜け毛が多い時だけ対処すれば良いものではありません。

抜け毛が多いなと感じることがある人は、どんな時期であっても何かしらの対処法をとることをおすすめします。

さらに言うなら、髪の毛が抜けてきてからでは、対処が遅すぎるとも言えるでしょう。

髪が抜ける前、しっかりと頭皮にくっついているうちに対処してこそ、抜け毛予防に役立ちます。

常に予防策をとっておけば、抜け毛が多い時期の秋を迎えても、髪の毛をある程度はキープすることが可能です。

時期ごとに分けて抜け毛の対処法を紹介!

それでは、ここからは具体的に、抜け毛防止に役立つ対処法についてご紹介します。

もちろん、先ほどもご説明したとおり、どの時期であっても何らかの対策をとる必要はあります。

ですが、季節によって、それぞれ効果的な対処法は少しだけ異なってきます。

なので今回は、春夏秋冬のそれぞれに分けて、それぞれの対処法を確認していきましょう。

春・夏

まずは、春と夏の抜け毛防止策についてご説明します!

寒い冬が終わって気候も良くなり、屋外にお出かけする機会も多くなってきますね。

また、春にはライフスタイルの変化が生じたり、夏には旅行などのイベントも多いことでしょう。

春・夏の疲れを頭皮に残さないようにするためには、どうしたら良いでしょうか。

枕をキレイにする

気温が暖かくなる春から夏にかけては、汗をかくことが増えますね。

それは、起きているときだけではありません。寝ているときにだって、人間の身体はたくさん汗をかいているのです。

就寝時の人間は、健康な人で一晩に約コップ1杯の寝汗をかくと言われています。

もちろんん頭からも発汗しますので、枕には汗が溜まっています。

暖かくなってきた春・夏の時期に、汗で湿った枕をそのまま放置しておくと、枕には雑菌カビが繁殖してしまいます。

雑菌まみれの枕で眠るのは、一晩中、雑菌を頭皮にこすりつけていることに!

できれば毎日枕カバーを取り替えて、枕を乾燥させ、カビと雑菌を排除するようにしましょう。

自然乾燥は控える

冬場には風邪をひかないようにドライヤーで髪を乾燥させていても、暑い夏には自然乾燥派になる人もいるかもしれません。

ドライヤーの温風が暑苦しいと敬遠しがちですが、たとえ夏であっても髪の毛はドライヤーで乾かしましょう!

お風呂上がりに濡れた髪の毛をそのままにしておくと、キューティクルが開いたままになって髪が傷んでしまいます。

また、自然乾燥は頭皮トラブルの原因にもなるため、抜け毛予防のためには避けるべきです。

これはお風呂上がりに限った話ではなく、海やプールで髪が濡れた場合でも同じことが言えます。

海やプールで楽しく遊んだ後は、きちんと髪の毛の汚れや塩素を洗い流して、その後はドライヤーで乾かしましょう。

紫外線の対策をする

春・夏の時期にもっとも頭皮を傷めつけていると言えるのが、紫外線です。

夏のギラギラ太陽はもちろんのこと、春のゴールデンウィーク前後には紫外線の量が急上昇しますので、夏同様のUVケアが必要です。

外出時には通気性の良い帽子をかぶったり、日傘をさして紫外線から頭皮を守りましょう。

最近では男性用の日傘も徐々に定着してきています。

熱中症の予防にもなりますので、男女とも日傘を積極的に使用していきたいですね。

また、UVカットができる日焼け止めのヘアスプレーを使用するのも良い案です。

頭皮も、お肌の一部分です。顔と身体に日焼け止めを塗るように、頭皮にも日焼け止めをつけてあげましょう。

髪に必要な栄養を積極的に摂取する

秋冬に比べて、春や夏には食欲が減退する人も多いようです。

春にはいろいろな理由で生活環境が変わる可能性もあり、ライフスタイルの変化でストレスも溜まりがちです。

また、夏には気温が上昇するため、夏バテで食事が喉を通りづらくなります。

ついつい、素麺などの簡単な食事に偏ってしまい、栄養バランスも乱れやすくなりますね。

しかし、秋の抜け毛を減らすためには、髪に必要な栄養素を春や夏の間にも摂取しておくことが大事です。

三大栄養素に加えて、ビタミンとミネラルもバランス良く食べるようにしましょう。

とはいえ近年の猛暑続きでは、身体が参ってしまって食が進まないこともありますよね。

夏バテでどうしても食べられないときは、無理せず胃腸を休ませましょう。

サプリメント等を活用すれば、胃腸に負担が少なく必要な栄養素が摂取できるのでおすすめです。

秋・冬

春夏の次は、秋と冬の抜け毛防止策についてご説明します。

抜け毛が増える時期の秋には、もちろんきちんとした対策が必要になりますよね。

そして、抜け毛がある程度収まってきた冬場でも、ほっと一安心してはいけません。

寒い冬は身体全体が縮こまり、頭皮にも悪い影響を与えやすくなります。

抜け毛の時期本番の秋と、寒~い冬を乗り切るためには、どうしたら良いでしょうか。

頭皮マッサージをする

秋冬を迎えて気温が低くなると、寒さに筋肉が縮まって血行が悪くなります。

血液の循環が悪くなると、頭皮に必要な酸素や栄養も届きにくくなりますね。

皮膚が硬くなって、抜け毛が多くなりやすいでしょう。

血行不良になりやすい秋冬には、頭部の皮膚と筋肉を柔らかくできるような対策を取りましょう。

頭皮マッサージをして、硬くなった頭皮を柔らかくほぐしてあげるといいですよ。

生え際から頭頂部、こめかみや首の付け根まで、まんべんなくマッサージしてあげましょう。

強い力をかけてマッサージする必要はなく、自分が気持ち良いと感じるくらいの強さでOKです。

テレビやパソコンの動画を観ながらマッサージすることもできますが、おすすめはシャンプーをするときに一緒にマッサージしてしまうことです。

お風呂でシャンプーをしながら頭皮マッサージをすると、湯気で温まった頭皮がほぐしやすくなるのでおすすめですよ。

適度に運動する

寒い冬には自宅に閉じこもりがちになって、春夏よりも運動不足になりやすくなります。

しかし、寒い冬だからこそ、抜け毛対策のためには運動が必要だと心得ておきましょう。

運動不足になると新陳代謝が悪くなり、血液の循環も悪くなってしまいます。

上記でもご説明したように、血行不良は抜け毛が多くなる原因ですよね。

ただでさえ寒くて血行不良になりがちなのに、運動しないとさらに血行が悪くなってしまうのです。

冬場でもある程度の運動習慣は身に付けておきましょう。

ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動がおすすめです。

でも外に雪が降っていたり、晴れていても寒くて外に出るのは嫌!という人もいますね。

そんなときは、屋内でできるヨガや太極拳なども良い運動です。

自宅の階段を使って踏み台昇降運動をしても、心地よく発汗することができますよ。

乾燥対策をする

秋から冬にかけては、気温だけでなく湿度も下がってきますね。

乾燥した大気に、肌や頭皮も乾燥してくる時期です。

カサカサになった頭皮をそのままにしておくと、頭皮トラブルから抜け毛になってしまいます。

頭皮の潤いをキープするための対策を取りましょう。

頭皮が乾燥するのを抑えるには、毎日の保湿ケアをしっかり行うことが大切です。

必要な油分まで取りすぎない、頭皮に優しい洗浄成分のシャンプーを使ったり、育毛剤などを塗布して潤いを与えましょう。

髪と頭皮に優しい洗浄成分のシャンプーや、育毛剤については、後ほど詳しくご説明しますね。

どの時期でもおすすめの抜け毛の対処法

これまでは、春夏・秋冬と時期に分けて、抜け毛防止におすすめの対処方法をご紹介してきました。

ここからは時期に関係なく、年間を通して行いたい対処方法についてご紹介していきます。

抜け毛を防ぐには、春夏秋冬いつでも、継続したケアを続けることが重要になります。

また、今現在で抜け毛の量が多い人にとっては、予防策よりも抜け毛解消のための積極的な手立てが必要ですよね。

毎日の抜け毛解消ケアには、いったいどんな対処法があるのでしょうか。

シャンプーの回数を調整する

まずはシャンプーの回収を見直してみましょう。

この抜け毛対処法は、春夏、秋冬の時期に応じた対処法の補足説明にもあたります。

シャンプーは基本的に毎日行いますので、特に季節には関係はありません。

ですが、時期によっては頭皮の皮脂分泌が多いときもあり、また少ないときもあります。

皮脂の分泌が多い時期に洗浄が足りないと、皮脂が洗い落とせずに溜まっていってしまいます。

逆に、皮脂分泌量が少ない秋冬に、春夏と同じようにシャンプーしすぎたりすると、頭皮に必要は皮脂までも落としてしまうことになります。

季節による自分の皮脂分泌量の変化を把握して、シャンプーの回数を時期に応じて調整するようにしましょう。

育毛シャンプーを使う

抜け毛が起こらない健康な頭皮環境にするには、シャンプーの見直しをすることもおすすめです。

育毛シャンプーとは、髪と頭皮の汚れを落とす洗浄成分に加え、頭皮を健やかにするための成分も配合されているシャンプーのことです。

頭皮に潤いを残す保湿成分や、育毛剤と同じような育毛成分も含有されています。

育毛剤ほどの直接的な効果はないものの、髪を洗うたびにプラス効果が得られるのが嬉しいですね。

抜け毛解消に効果があると評判の高い育毛シャンプーのひとつに、チャップアップシャンプーがあります。

5種類のアミノ酸系・植物系洗浄成分で髪を優しく洗い上げ、さらに、頭皮頭髪を健やかに保つ10種類のオーガニック成分も配合しています。

頭皮を健康にしながら、シルクのようなツヤ髪にする効果が期待できるシャンプーです。

チャップアップシャンプーは男性・女性ともに使えるシャンプーであるばかりでなく、赤ちゃんでも使用可能なんですよ。

科学物質無添加で、刺激物を排除した高純度の水を使用していますから、デリケートなお肌の赤ちゃんにも安心できます。

家族で共有することができるのはとっても便利ですね。

公式サイトはこちら→

育毛剤を使用する

毎日の生活に気をつけたり、シャンプーの見直しをすれば、ある程度の抜け毛は防止できます。

しかし、それでもやはり、時期によっては抜け毛の量が増えることがあります。

また、すでに抜け毛が始まっている場合には、効果もなかなか出づらいですね。

育毛シャンプーだけでは対応しきれない抜け毛は、育毛剤を使ってみましょう。

育毛剤は頭皮に栄養を与える、いわば頭皮の栄養ドリンクです。

疲れてしまった頭皮に、活力を与える働きがあります。

抜け毛予防に効果が高いと言われるおすすめの育毛剤を、男性向け、女性向けに分けてご紹介します。

男性はプランテルEX

抜け毛が異様に多くなってきた…もしあなたが男性であればAGAを発症している可能性があるでしょう。

AGAの男性におすすめしたい育毛剤がプランテルEXです。

プランテルEXは、AGAに特化して開発された珍しい育毛剤で、多くの男性から支持を集めています。

特にプランテルEXがAGAに特化していると言われる理由、それはペブプロミンαという成分にあります。

ペブプロミンαは、AGAの原因ホルモンを作り出す、5αリダクターゼという酵素を阻害する働きがあることが分かっています。

AGAによる抜け毛を防ぐ効果が期待できるでしょう。

また、抜け毛を予防するペブプロミンαに対して、発毛を目指せる成分として配合されているのがリデンシル

リデンシルは発毛医薬品ミノキシジルと似た働きをするとも言われながらも、副作用の心配もなく髪の成長をサポートしてくれるでしょう。

他にも有効成分3種類、アミノ酸16種類と、髪の毛に元気を与えるための成分をバランスよく配合。

AGAかは分からないけど、とにかく抜け毛の対策を始めたい!とお考えの方も、ぜひ一度試してみてくださいね。

注意

ただしプランテルEXは、2018年に登場してから予約が殺到しているようです。

その影響で商品の供給が間に合わず、公式サイトにアクセスしないと現在も購入できるかわからない状態です。

下記のボタンからアクセスし、問題なくサイトが表示されれば注文できるので、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

公式サイトはこちら→

女性はマイナチュレ

女性向けの育毛剤としては、マイナチュレをおすすめします。

マイナチュレは、女性の髪の悩みを解消するために作られた育毛剤です。

そもそも、男性と女性では、抜け毛が起こる原因が異なります。

女性に抜け毛が起こるのは、毛髪を作る毛母細胞が加齢によって老化したり、ダイエットの影響やストレスが原因になるケースが多いです。

マイナチュレは男女の違いに注目し、女性ならではの抜け毛の原因を解消することを目的としました。

その結果、有効成分も女性に合わせて特化し、効果を集中させています。

センブリやカンゾウなどの育毛成分と、血行促進や保湿に長けた29種類の天然エキスが、女性の頭皮に優しく浸透します。

女性への優しさは成分だけでなく、細かい点まで隋所に感じられます。

最後の1滴まで無駄にしないノズル式ボトルや、落としても割れないプラスチック製容器、育毛剤とバレにくいボトルデザインなど。

女性の気持ちに寄り添った、かゆいところに手が届く育毛剤だと言えますね。

公式サイトはこちら→

クリニックで相談する

抜け毛の量が多くなって、薄毛が目立ってきている人もいるかもしれません。

また、毛が抜け始めてからだいぶ月日がたっている人は、長年の抜け毛で髪の毛も薄くなってしまっているでしょう。

こうなると、どうしてもセルフケアの対策では限界があります。

抜け毛が多くなって薄毛やハゲの領域に突入してしまった人は、あと一歩積極的な手を打ちましょう。

薄毛専門のクリニックを受診して、医師に相談してみるのも解決への良い手段となります。

とはいえ、薄毛はセンシティブな悩みですから、異性と一緒に受診するのは恥ずかしい場合もありますね。

男性にとっても女性にとっても、プライバシーに配慮していながら、診療内容にもしっかり信用がおけるクリニックをご紹介しましょう。

男性はAGAスキンクリニック

AGAスキンクリニックは、AGA(男性型脱毛症)に特化した薄毛治療をしているクリニックです。

男性の髪の悩みを安心して相談できるので、抜け毛に悩んでいる男性にはぴったりですね。

日本全国にグループ院が34院あり、どこに住んでいる人でも比較的通いやすいでしょう。

すべてのAGAスキンクリニックは雑居ビルや大きなビルの中にありますから、通院時にも玄関で気恥ずかしい思いをしないですみます。

もちろん、どのクリニックでも同じグレードで診察を受けることができますよ。

AGAスキンクリニックでは最先端のAGA研究により、患者ひとりひとりに最適な治療プランを提案することができます。

医師が自ら実践したオリジナル発毛薬Rebirthなど、ここでしか受けられない独自の治療が受けられます。

カウンセリングも無料で受けられ、費用も月額3,400円からスタートが可能。

抜け毛に悩む男性を後押しする体制が揃っていますね。

公式サイトはこちら→

女性は東京ビューティークリニック

東京ビューティークリニックは、女性の髪専門のクリニックです。

20代から50~60代の女性と、幅広い年齢層の女性が通っていらっしゃいます。

全国の50院以上で同じ治療が受けられ、髪の相談や予約については、年間休みなく365日受け付けています。

毎日忙しい女性の味方になってくれそうですね!

無料カウンセリングや治療を行なう際にも、周囲の目を気にしなくてすむように個室が用意されているのもありがたいところです。

特に女性にとっては深刻な悩みにもなりやすいからこそ、安心して相談できる環境が整えられているんですね。

女性特有の抜け毛・薄毛症状に合わせて、東京ビューティークリニックでは女性専用のオリジナル発毛薬を提供しています。

内服薬と外用薬を併用して、身体の内と外から発毛に働きかけて抜け毛をブロックする作用が期待できます。

公式サイトはこちら→

まとめ

今回は、抜け毛が多い時期とその対処法について解説しました。

抜け毛が多くなる時期は秋ですが、秋以外でも対策は必要だとわかりましたね。

春には春の、夏には夏の、そして秋や冬には、その季節に応じた抜け毛対策があります。

1年365日努力を続けることによって、抜け毛が増える時期も乗り切れる可能性が高くなります。

毎日コツコツ努力して、秋の抜け毛を1本でも少なくしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です