頭皮が健康かどうやってわかるの?健康にいい食べ物も紹介

自分の頭皮が健康か知りたい!

顔や体に比べると、目にする機会が少ない自分の頭皮。

顔は顔色で、体は体調の良し悪しである程度健康状態を知ることができますよね。

しかし、頭皮は分かりやすい症状が出ることがあまりありません。

だからこそ、意識して健康状態を確認してあげることが大切です。

今回は、頭皮の健康状態を知るためにできる方法をご紹介します。

また、頭皮が不健康な状態だった場合の対処法もご紹介するので、ぜひご覧ください。

【結論】頭皮が健康かどうか見分ける方法

まずは、頭皮が健康か否かを見分ける方法からご紹介します。

見分けるポイントは、頭皮の色です。

以下のどの色に当てはまっているか、鏡を見て確認してみましょう。

  • 青白い色
  • 赤い色
  • 白色
  • 黄色

それぞれの色ごとに、頭皮の健康状態が異なります。

ではどの色が健康で、どの色が健康ではないのか。

早速チェックしてみましょう!

青白い頭皮

まずは、頭皮が青白い場合についてです。

青白い場合は、とても良い健康状態である証拠。

青白い色と聞くと、なんとなく不健康そうなイメージがあり心配になるかもしれませんね。

しかし、頭皮の血流が良く、肌が潤っている証拠なんですよ。

さらに、余計な皮脂汚れなどもなくクリーンな状態でもあります。

頭皮の乾燥や汚れは肌トラブルの原因となるため、このままの状態を保てるようにしたいですね。

赤い頭皮

続いては、頭皮が赤い場合についてです。

頭部に赤みがある場合に考えられる原因は、血行不良と日焼けです。

赤いなら逆に血行が良いのでは?と思ってしまいそうですよね。

しかし、手の甲を見てみると血管には青みがあることが分かりますね。

このように健康な状態の血管は、皮膚越しで見ると青みを帯びて見えるのです。

ところが、何らかの理由で血液の流れが滞ると、血管が赤く見えるようになってしまうのです。

また、夏の紫外線が強い時期であれば日焼けが原因の場合もあります。

肌が赤いだけではなく、ヒリヒリとするようであれば日焼けしている可能性が高いでしょう。

赤い頭皮のまま放置すると、栄養分が行き渡らず薄毛になってしまうことも。

なるべく早めに、皮膚科や専門クリニックを受診することをおすすめします。

白色の頭皮

続いては、頭皮が白い場合についてです。

白色は一見すると青白い状態と見間違えてしまいがちなので、よく確認しましょう。

パッと見は分かりづらいですが、青みがあるかないかだけで健康状態が異なります。

青みがない白色の時は、肌が乾燥している可能性があります。

これは、乾燥によって皮膚が粉をふくことで、白く見えてしまうからなんですね。

乾燥は、洗浄力が強すぎるシャンプーの使用や冷暖房の使いすぎなどが主な原因です。

特に、シャンプーの洗浄力が強すぎると、本来必要な皮脂まで落としてしまいます。

また、冷暖房の風が直接当たる場所や使用時間が長いことも、乾燥を引き起こす原因に。

もともと乾燥肌の方は、頭皮の保湿ケアも意識するようにしましょう。

黄色い頭皮

皮膚の色が黄色の場合は、頭皮に残った汚れが毛穴に溜まっている場合があります。

毛穴に汚れが溜まると、血流が悪くなり肌の血色が悪くなります。

ここで言う汚れとは、シャンプーで落としきれなかった汗や皮脂のこと。

汚れが落としきれない原因としては、シャンプーの洗浄力が弱いことが考えられます。

脂性肌の方やスタイリング剤などを使用した時は、洗浄力がしっかりしたものを選ぶといいでしょう。

また、ワックスなどのスタイリング剤は肌に付着させないこともポイントですよ。

その他に、ストレスや生活習慣の乱れからくる血行不良でも頭皮は黄色くなります。

シャンプーやスタイリング剤に心当たりがなければ、ストレスや生活習慣の線を疑ってみましょう。

頭皮を健康にする食べ物とは

もしも、肌が気になる色であった場合には、食べ物で改善を図りましょう。

食べ物のなかには、頭皮の環境を整える作用が期待できるものもあるんですよ。

赤色・白色・黄色の頭皮は不健康である証でしたが、それぞれどんな食べ物が適しているのでしょうか?

栄養素が豊富な食べ物をご紹介するので、ぜひ献立の参考にしてみてくださいね。

記事の後半には、食べ物を摂取する方法と併用すると、より改善効果が高まる方法もご紹介しますよ。

カプサイシン

1つ目の栄養素は、カプサイシンです。

カプサイシンを豊富に含む食べ物といえば、唐辛子が有名ですよね。

このカプサイシンこそが、唐辛子に含まれている辛味成分です。

辛味成分が脳の感覚神経に働きかけると、発汗・体温上昇・血行促進などの反応が体に起こります。

血管を広げて血流を良くしてくれるので、赤い頭皮の方に適していますよ。

炒め物などに唐辛子を使用するのはもちろん、一味や七味を味噌汁などに入れるだけでも効果的。

また、キムチなど唐辛子を含んだ食べ物もオススメです。

ただし、カプサイシンの摂りすぎは胃が荒れるもととなるため注意しましょう。

体重1kgあたり5mgが最大摂取量といわれているため、自分の体重で計算してみてくださいね。

亜鉛

2つ目の栄養素は、亜鉛です。

亜鉛は下記に豊富に含まれている、育毛に良い栄養素として有名。

育毛に良い理由の1つが、亜鉛に肌の潤いを保つ機能があるためです。

そもそも、肌の潤いを保つためには水分を細胞に浸透させる必要があります。

この時、細胞へ水分を浸透させる働きをしているのが、3型アクアポリン(AQP3)

亜鉛は、このAQP3の働きを活性化させる作用があると言われています。

特に、乾燥による頭皮の白さにお悩みの方には亜鉛を豊富に含む食べ物がオススメですよ。

亜鉛が豊富な食べ物は牡蠣や豚レバー、納豆などが挙げられます。

食べ物で亜鉛を摂取する場合には、成人男性が40mg/日、成人女性が35mg/日が摂取目安量です。

頭皮の健康を保つためには、栄養が欠乏するのも良くありませんが、過剰に摂取しないように気をつけましょう。

ビタミンB

3つ目の栄養素は、ビタミンBです。

ビタミンBには皮脂の分泌量を整える働きがあることから、皮脂の過剰分泌を改善するのに適しています。

つまり、毛穴に汚れが詰まり頭皮が黄色くなっている方にオススメです。

ビタミンBには複数の種類がありますが、皮脂バランスを調整するにはビタミンB2とB6が欠かせません。

B2を豊富に含む食べ物は、レバーやうなぎ、牛乳など。

B6は、カツオやマグロ、バナナなどの食べ物に豊富に含まれています。

頭皮だけではなく体の健康維持のためにも、魚・肉類や乳製品など、バランスよく食べることが大切ですね。

ちなみに、ビタミンB2は成人男性1.3~1.6mg/日、成人女性1.1~1.2mg/日。

B6は成人男性55~66mg/日、成人女性40~45mg/日を目安に摂りましょう。

頭皮を健康にする食べ物を食べる際の注意点

ここまでは、頭皮の環境を整えるのに適した食べ物をご紹介しました。

ただし、食べ物を選ぶ上で注意しなければいけないことがあります。

それは、ご紹介した以外の食べ物もバランスよく食べること。

どんなに頭皮に良い食べ物を食べていても、その他の栄養素が不足してしまえば意味がありません。

例えば上記ではご紹介しませんでしたが、タンパク質が不足すると薄毛の原因になってしまいます。

また、炭水化物は人間が生きるためのエネルギー源になる大切な栄養素です。

毎日バランスのいい食生活を心がけることを前提として、上記の栄養素をプラスすることが頭皮改善のポイントですよ。

頭皮を健康にしたい方が食べ物以外でやること!

続いては、食べ物以外で頭皮環境を整える方法をご紹介していきましょう。

今回は特に効果的である、以下の2点についてご紹介します。

  • 頭皮マッサージを行う
  • 適したシャンプーを選ぶ

マッサージは、今すぐにでもできる手軽な改善方法ですね。

シャンプーは肌質に合うものを選ぶ必要がありますが、頭皮環境を整える高い効果が期待できます。

参考までにオススメのシャンプーもご紹介するので、自身の頭皮に合った商品を見つけてみましょう。

頭皮を健康にするには頭皮マッサージ

マッサージには、血行を促進し毛穴の汚れを浮かせる効果が期待できます。

指だけでできる方法だけでなく、マッサージ専用ブラシを使う方法もあるので、やりやすい方で挑戦してみてください。

どちらの方法にも共通しているポイントは、気持ち良いと感じる程度の力加減でマッサージをすること。

前頭部・側頭部・頭頂部とポイントごとに、円を描くように刺激します。

指を使う場合には爪で肌を傷つけないように、事前に爪を切っておくと良いでしょう。

マッサージを行うタイミングは、シャンプー前がオススメです。

マッサージは毛穴を開いてくれるのでシャンプーの洗浄効果が高まり、皮脂汚れなどが落としやすくなりますよ。

より頭皮のケア効果を高めたい時は、次の項目でご紹介する頭皮環境を整える成分の入ったシャンプーを使用するのがオススメです。

シャンプーで頭皮環境を整えよう

毎日使用するシャンプーにもこだわると、より頭皮環境を整える効果が期待できます。

何を使えば良いかお悩みの方のために、肌の色を改善するためにオススメのシャンプーを2つピックアップしました。

ご紹介する商品は、下記の商品です。

  • ウーマシャンプー
  • マイナチュレシャンプー

ウーマシャンプーは男性向け、マイナチュレシャンプーは女性向けです。

それぞれの成分や特徴、値段など詳しく掲載していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ウーマシャンプー(男性)

まずは、男性向けのウーマシャンプーについてです。

ウーマシャンプーの特徴は、馬の皮下脂肪から作られる馬油を配合していること。

馬油には肌に潤いを与える作用があるといわれています。

皮脂の過剰分泌は肌が乾燥していることでも起きてしまうため、保湿することも大切なんですね。

そこで着目したいのが、洗浄力の高さです。

洗浄力が高いと皮脂をしっかりと落としてくれますが、保湿に必要な皮脂まで落としてしまうこともあります。

ウーマシャンプーは洗浄力がマイルドなアミノ酸系洗浄成分を採用し、余分な汚れは落としつつも潤いを補給。

豊富に配合された栄養成分、保湿成分の働きで頭皮環境を健やかに整えてくれるでしょう。

内容量 300ml(2ヵ月分)
都度購入 4,320円+送料630円
セット購入 【3本】11,400円(送料無料)
※初回限定でシャンプー&コンディショナーのミニボトル付き
※30日全額返金保証あり
※育毛まるわかりBOOK1冊プレゼント
定期購入 3,460円(送料無料)
※中止・休止はいつでもOK
※継続に応じて特典あり

公式サイトはこちら

マイナチュレシャンプー(女性)

続いてご紹介するのは、女性におすすめのマイナチュレシャンプーです。

マイナチュレシャンプーも、肌に優しいアミノ酸系洗浄成分を採用しています。

もっちりとした泡と柑橘系の爽やかな香りで、シャンプーをリラックスタイムに変えてくれます。

敏感になりがちな女性の頭皮を労わるため、天然由来の成分が豊富に配合されています。

保湿作用やフケ・かゆみの抑制など、頭皮環境を整えるもの。

髪の毛の補修、エイジングケアが期待できるもの。

頭皮環境だけでなく美髪に導くための成分処方になっているので、ヘアケアも重視したい女性には嬉しいですね。

ノンシリコン着色料や保存料などが無添加のシャンプーをお探しの方は、一度試してみてはいかがでしょうか?

内容量 200ml(1ヵ月分)
都度購入 3,360円+送料750円
セット購入
定期購入 2,884円(送料無料)

公式サイトはこちら

まとめ

今回は、色でわかる頭皮の健康状態についてご紹介しました。

頭皮は髪の毛の成長に欠かせない土台ですから、健康状態が悪いと抜け毛などの原因になります。

豊かでキレイな髪の毛を維持したいのであれば、色にも気をつけたいところですね。

もしも、青白くない色をしているのであれば、生活習慣の改善から始めることをオススメします。

まずは食べ物から見直してみて、健康を取り戻していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です