頭皮をつまめるのは大丈夫?たるみが気になる方は必見!

頭皮がつまめる…これって大丈夫!?

なんとなく頭皮を触っていたら…なんとつまめる!

普段お腹や二の腕は気にしてつまめないようにしているのに、まさかこんなところがつまめるとは…。

これって大丈夫なのかな、と不安に思われたことはありませんか?

そんなつまめる場合の注意点、その解消方法についてご紹介していきます。

つまめることに不安に感じている方はその状態がストレスになって、余計悪化する悪循環になっているかもしれません。

今回この記事を読んで、ぜひ不安ごと解消していってくださいね。

【本題】頭皮がつまめるのはダメなの?

さてさっそく本題に入りますが、頭皮がつまめる状態はダメなのでしょうか?

結果から言いますと、つまめること自体はダメなわけではありません。

むしろ反対に動かそうとしても動かないほど硬くなっている場合の方が問題です。

この場合は血行が悪く、抜け毛や薄毛になりやすい状態になっている可能性が高くなります。

ではもし頭皮が硬くなっている場合にはどのように対処していけば良いのでしょうか?

頭皮がつまめない人の対処法

頭皮がつまめない場合の対処法として、以下の3つが挙げられます。

  • ①頭皮マッサージ
  • ②ストレス解消
  • ③適度な運動

今日から手軽に始められるものばかりですので、ぜひ実践してみてくださいね。

詳しい方法については以下で解説していきます。

頭皮マッサージをする

やわらかい頭皮をつくるためには、血行が滞っていないことが大切です。

そのためにはまず頭皮マッサージで血行を促進していきましょう。

方法はいたって簡単です。

ゆっくりと頭全体をもんでいくだけ!

このとき爪を立てないように注意して、指の腹でマッサージをするよう心がけましょう。

マッサージ以外にも頭頂部にある百会など頭皮に良いツボを押すとより効果的ですよ。

ストレスは溜め込まない

忙しい現代人にとってストレスを受けることは避けられません。

だからこそストレスと上手に付き合い、溜め込まずにしっかり発散していきましょう。

ストレスの発散方法は人によってさまざまですが、一番は自分の好きなことをすると良いでしょう。

例えば外出してみたり、本を読んでみたり、カラオケに行ってみたり、映画をみたり。

気分転換になるものを見つけて、ストレスが溜まっているなと感じたときにはぱっと発散しましょう。

また、あまりにも自分の気持ちを飲み込んでしまうとストレスは溜まりやすくなってしまいます。

嫌なことは嫌、と時には自分の感情に素直になることも大切ですよ。

適度に運動する

適度な運動は頭皮改善だけでなく、ダイエットやストレス発散にも効果的です。

軽いストレッチやジョギングなど、無理のない範囲で行っていきましょう。

膝に不安がある方はプールでウォーキングがおすすめです。

運動をすることで血行が促進され、皮膚が硬くなるのを予防する効果があります。

とはいえもちろん無理は禁物です。

体を壊してしまっては元も子もないので、自分で出来る範囲から始めていきましょう。

頭皮がつまめる時の注意点

さて、ここまで頭皮がつまめることは良いことだという前提でお話をしてきました。

ですが、実は問題があることで頭皮がつまめる場合もあるんです。

それは「たるみ」や「むくみ」が原因の場合です。

この場合には放っておくと抜け毛や薄毛を引き起こしてしまう原因となってしまいます。

また、顔のたるみの原因にもなり得るため女性にとっては死活問題ですね。

その他頭痛やめまいを起こしてしまう場合があるため、この場合にもしっかりと対策していく必要があります。

頭皮のたるみの解消法とは

さまざまな弊害が起こり得る頭皮のたるみですが、どのように解消していけば良いのでしょうか?

基本は頭皮がつまめない場合と同じく、マッサージや運動、ストレスの解消が挙げられます。

なぜならたるみやむくみは血行が滞ることで起こるため、根本的な原因は同じだからなんです。

しかし、たるみやむくみなどの場合には乾燥やホルモンバランスの乱れから起きている場合があります

ですので以下の解消法も同時に行っていきましょう。

保湿する

まず大切なのは保湿です。

これは顔を想像して頂ければわかりやすいかと思います。

頭皮の皮膚は顔とほぼ同じ構造のため、顔が乾燥するとたるむように頭皮も乾燥でたるんでしまいます

顔の保湿をするのと同様、頭もしっかり保湿することでたるみを予防することができますよ。

保湿時に頭皮マッサージを取り入れると、保湿しながらむくみ解消効果も期待できるので一石二鳥です。

睡眠時間を確保する

睡眠時間が短くなると体の機能が衰えてしまいます。

すると血行不良などが起き、むくみの原因となってしまうのです。

また、睡眠時には髪の毛を成長させる成長ホルモンが分泌されます。

しかし睡眠不足が続くと成長ホルモンの量が減少し、髪の毛の成長が阻害されてしまいます。

さらに、それだけでなくこちらも血行不良の原因になるため、これまたむくみの原因になるのです。

ですから睡眠時間は極力削ることなく、質の良い睡眠をとるようにしましょう。

頭皮の状態は常にチェックしましょう

髪の毛に触れる機会は多々ありますが、頭皮にしっかり触れるのはシャンプーのときだけという方も多いでしょう。

しかし、頭皮は髪の毛だけでなく体の健康状態を知る大きな手掛かりです。

シャンプーをするときやマッサージをするときは意識して、頭皮の状態はつまめるか常にチェックをしておきましょう。

気付いたらすぐ対処!

簡単ケアで美しく若々しい頭皮を保っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です