シャンプーの捨て方って?容器はどうすればいい?

シャンプーの捨て方がわからない…

せっかく買ったシャンプーが自分の髪質に合わない。

旅行用に買ったトラベルセットのシャンプー&コンディショナーが余りがち。

さまざまな理由から、シャンプーが不必要になることってありませんか?

しかしいざ捨てようと思うと、どうやって捨てればいいか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、シャンプーの正しい捨て方について徹底解説!

捨て方だけではなく、不要なシャンプーの活用方法も番外編として紹介するので必見です。

シャンプーの捨て方を紹介!

さて、さっそくシャンプーの正しい捨て方を確認しましょう。

基本の捨て方は下記のとおりです。

  1. 新聞紙や古い布に液を吸わせる
  2. 袋に入れて漏れないようにガムテープなどで養生する
  3. 燃えるゴミで捨てる

液体のままゴミ箱に入れると液漏れしてしまので、面倒ですが古紙などに吸わせるときれいに捨てられますよ

また、空の牛乳パックに古紙を詰めて、そこにシャンプーを流し込みガムテープで閉じればそのまま捨てられます。

固まってなかなか出てこない場合は、少量の水で溶かして古紙に吸わせましょう。

シャンプーを捨てる際にやってはいけないこと

基本的に、シャンプーを容器に入れたままゴミ袋に入れて捨てるのはNGです。

自治体によっては、燃えるゴミで容器のままの捨て方もOKという場所もあるようですね。

ただ、シャンプーの容器は多くの自治体で資源ごみとして回収され、その後リサイクルされる可能性があるのです。

リサイクル時に中にシャンプー液が残っていると、リサイクル対象外になってしまうこともあるんですね。

また、正しい捨て方でなくても水に流しちゃえばいいのでは?と考える方もいるかもしれません。

しかし、シャンプーは洗面台に流すと他のゴミと混ざり詰まりの原因になる可能性があります。

一手間かかりますが、環境問題と後々の面倒を招かないためにも正しい捨て方で処分するようにしましょう。

【番外編】余ったシャンプーの使い道を紹介

さて、正しい捨て方はこれで大丈夫ですね。

しかしただ捨ててしまうのはもったいない、と思う方もいるでしょう。

そこでこの項目では、シャンプーを他の用途で活用する方法をご紹介します。

今回ご紹介する方法は、全部で4つ。

さっそくチェックしてみましょう。

お風呂・トイレの洗剤として

1つ目は、お風呂やトイレの清掃に使う方法です。

浴槽などに残る汚れは、人の皮脂や古い角質(たんぱく質)などの汚れが大半。

頭皮の皮脂や角質を落とすためのシャンプーは、浴室掃除にも代用できるんですね。

通常のお風呂洗剤と違い、手荒れしにくいのも大きなメリットです。

また、水回りの汚れに強いシャンプーはトイレの掃除にも効果的です。

トイレに使う場合は便器に少量垂らしブラシで擦って流すだけ。

泡立ちも良く、流した後にシャンプーの良い香りが残るのも良いですよね。

正しい捨て方で捨てるのはもったいない・面倒という方は、ぜひ実践してみてくださいね。

鏡の曇り止めとして

2つ目は、鏡の曇り止めに使用する方法です。

曇りの原因は、水蒸気によって細かい水滴が鏡についてしまうことが原因。

本来鏡の元となるガラスは水を弾く性質があり、曇りにくいものです。

しかし、水垢や油膜などの汚れが蓄積すると水を弾かなくなり曇りやすくなるんですね。

シャンプーには油分と水分を混ぜる界面活性剤が含まれるので、鏡に塗ると水が馴染むようになり曇りにくくなります

使い方は簡単で、タオルなどでシャンプーをそのまま鏡に塗り、シャワーで流し拭き上げれば完了です。

ぜひ、洗面台や浴室の鏡に試してみてくださいね。

服の洗剤として

3つ目の活用方法は、服の洗剤として使用する方法です。

シャンプーは本来頭髪を洗う物なので、皮脂やタンパク質などの汚れを落とすことに長けています。

洋服に付着した皮脂や血液などの汚れも、きれいに落とすことができますよ。

そのまま洗剤代わりに使用するのも良いですが、おすすめは部分使いです。

皮脂汚れが付きやすい襟や袖、わき付近につけて軽く揉み洗いしてから洗濯すると、とてもきれいに仕上がります。

シャンプーの良い香りも多少残るので、おしゃれ着洗いにもおすすめですよ。

メイク用品のお手入れとして

4つ目の活用方法は、メイク用品のお手入れとして使う方法です。

シャンプーには水と油を馴染ませる界面活性剤が含まれるので、メイク用品の油性の汚れを落とすこともできるんですよ。

パフやスポンジはもちろん、メイクブラシのお手入れにも適しています。

また、ヘアブラシも一緒に洗ってしまうのがおすすめですよ。

いずれも洗面器に水とシャンプーを混ぜたら、パフやスポンジは揉み洗い。

ブラシ類は洗面器の中をクルクルと回すように浸し、シャンプーが残らないようによく流し陰干しでしっかり乾かします

クレンジングや専用の洗剤もありますが、代用できるのでおすすめです。

シャンプーの容器の捨て方は?

さて、シャンプーの中身の捨て方の次は容器の捨て方も確認しておきましょう。

シャンプー容器は、一般的にはプラスチックに分類されるゴミです。

基本的に、中の液体を出し切ったら水洗いをして自治体の定める捨て方で捨てましょう。

燃えるゴミとして出しても良い場所もあれば、包装用プラゴミや不燃ゴミに分類している自治体もあります。

中には、液体をそのままにして捨てても良いという自治体もあるそうです。

環境問題を考えたら、中身はきちんと分類したほうが優しい捨て方ではあるでしょう。

しかし、処理の仕方もそれぞれなので、お住いの地域の定める捨て方に従ってくださいね。

シャンプーの容器に関してやってはいけないこと

さて、不要になったり余ったりしたシャンプー。

捨てるだけではなく活用方法があることも分かりましたね。

しかし容器に関しては1点注意が必要で、再利用するのは控えるべきということです。

シャンプーの容器は、もともと中に入っていたシャンプー液の専用として作られているもの。

他の商品を入れた場合、品質を保てなかったり本来の効果を発揮できなかったりする可能性があるのです。

また、容器を水で洗うと雑菌が繁殖する可能性もあり衛生的にも不安が残ります。

最近のシャンプーはおしゃれな容器も多く、再利用できそう!と考える人もいるでしょう。

しかし、衛生面・効果面を考えて容器の再利用は控えて、正しい捨て方で処分することをおすすめします。

【番外編】コンディショナーも同じ捨て方でいい?

最後にコンディショナーの捨て方についても簡単にご紹介します。

捨て方は、基本的にシャンプーと同じで問題ありません。

残った分は新聞紙などに吸わせ、漏れないようにガムテープで養生し袋にまとめて捨てましょう。

また、トリートメントの別の使い道としておすすめなのは下記の3通りです。

  • 柔軟剤として使う
  • 水で薄めて仕上げの拭き掃除に使う
  • 水で薄めて髪の毛を整えるヘアウォーターに

コンディショナーには、柔軟剤にも使われる界面活性剤が多く含まれています。

香りがいいものも多いので、柔軟剤代わりに活用するのがおすすめですね。

また、髪の毛を保護して静電気を防ぐ効果があるのもコンディショナーの特徴です。

水で薄め、スプレーボトルに入れて毛先にシュっと吹きかければ簡単なスタイリングスプレーにもなりますよ。

この水で薄めたスプレーは、拭き掃除の際に利用するとホコリをつきにくくするなどの嬉しい効果もあるのだそうです。

ぜひ、試してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

正しい捨て方を覚えておけば、いざという時に困りませんね。

また、捨てる量が少量であればいいですが、たっぷり残っているとなれば少しもったいなく感じるでしょう。

シャンプーは香りもよく、もともと頭皮に使える程度に肌にも優しいもの。

せっかくなら、洗剤などに代用して上手に活用してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です